投稿者: sachikohirata

SJLL 過去ログ

Project SJLL#6

2015/12/13
SJLL6の目次及び付録を公開いたしました。近日中に当日のお品書きを公開する予定です。
また、冬コミ(C89)は12/31(3日目)東5ホール「フ-23a」のブースにてお待ちしております。
通路に面したお誕生日席です。どうぞよろしくお願いいたします。

SJLL#6 目次
【accepted papers】
@nkmr_aki  ナカダカガタ滅ぶべし
@TTAGGGn   「回らない寿司」考
@yearman  R音考
@nanaya_sac  近刊紹介「音とことばのふしぎな世界 メイド声から英語の達人まで」
@kzhr  研究に向かはせたふたつの本

付録「頭が赤い魚を食べた猫」 蔵書票(B6サイズ)
binsen

2015/12/01
SJLL6への原稿募集を締め切りました。
規定ページ数以上の原稿を頂きましたので、SJLL6を予定通り発行いたします。

2015/11/23
締切を延長いたしました。
なお、原稿が集まらず総ページ数が20pを下回る場合は、C89合わせの発行は取りやめといたします。
(すでに頂いた原稿は次号掲載となります)。ご了承下さい。

2015/10/25
原稿の募集を開始いたしました。
なお、SJLL#6発行にあわせまして、SJLL#1~5を1冊にまとめた総集編の発行を予定しております。

**Call for Papers**

募集内容:
【原著】
言語学・言語・言葉・TwiFULLに関する事柄でしたら内容は問いません。
真面目な論文、ちょっと書いておきたいこと、TwiFULLや#gengoで
議論したトピックのまとめ,エッセイなど、自由にどうぞ。
(特定の個人や思想に対する誹謗中傷が中心となるものはご遠慮下さい)
文体も論文調でも話しことばまで、問いません。
漫画や絵などもOKです(テンプレートを使用されなくても構いません)。

下部リンクにございますテンプレートファイル(Word/InDesign)をご使用下さい。
ご提出頂いたファイルを元にInDesignによる組版作業を行います。

原著テンプレートファイル(Word・横書き)
原著テンプレートファイル(InDesign・横書き)
原著テンプレートファイル(InDesign・縦書き)

※できればお名前部分をTwitterアカウント名(@******)、
ご所属をTwitter Free University of Languages and LinguisticsあるいはTwitter自由言語大学)に統一頂けますと幸いです。(学科名以降は自由に創作して頂いてOKです)

【査読】
査読はありません。
〆切までにご投稿頂ければ即掲載となります。
(ただし、誹謗中傷など不適切と見なされた場合は、不採択とし非掲載措置を取る場合がございます。ご了承下さい)

【注意点】
なお、SJLLは論文雑誌でも何でもないただのうすい本のため、公刊扱いとはなりません。
そのため
・全く同じ原稿をWebにアップロードする
・別の雑誌に重複投稿する
以上の行為は自由に行うことができます。
ただし、SJLLに公開し、他者の目に触れたことによりネタの盗用に繋がった場合は
その被害に関して責任を負いません。
別雑誌への投稿を予定されている方はどうぞご注意下さい。

【投稿先】
原稿ファイルを添付の上,問い合わせ先のメールアドレスまで
2015/11/29 23:59(JST)(原稿の募集は締め切りました。多数ご寄稿頂きまして誠にありがとうございました。)までにご送付下さい。
また、寄稿頂いた皆様には謝礼として発行物を進呈いたします(発行後の送付となります)。
そのため、発行物のご送付先(ご住所)をメール本文にてお知らせ下さい。

お問い合わせ:
marshmallow1214@gmail.com
またはTwitter@nanaya_sacまでリプライをどうぞ。

Project SJLL #5

**What’s New!**

2015/09/14
現在頒布中です。
http://twifullpress.booth.pm/items/123979

既刊とのお得なセットもあります(100円引きになります)。
http://twifullpress.booth.pm/items/123986

【コミックマーケット88 頒布情報】
頒布場所:8/14(金) 1日目 東5ホール パ05b
サークル名:TwiFULL Press
頒布物:
新刊 SJLLL#5 300円
その他新刊・既刊など
詳細は追ってお知らせいたします。

2014/07/14
締切を延長いたしました。
2015/07/15 23:59(JST) → 2015/07/18 23:59(JST) 原稿募集は締め切りました
ただし、こちらの締切にて投稿を予定されている方は、15日中に
仮タイトル・投稿先(原著・特集)をメール・DMにてお知らせ下さい。
mail: marshmallow1214@gmail.com
Twitter: @nanaya_sac
までおねがいいたします。

2014/06/06
原稿の募集を開始いたしました。

**Call for Papers**

募集内容:
【原著】
言語学・言語・言葉・TwiFULLに関する事柄でしたら内容は問いません。
真面目な論文、ちょっと書いておきたいこと、TwiFULLや#gengoで
議論したトピックのまとめ,エッセイなど、自由にどうぞ。
(特定の個人や思想に対する誹謗中傷が中心となるものはご遠慮下さい)
文体も論文調でも話しことばまで、問いません。
漫画や絵などもOKです(テンプレートを使用されなくても構いません)。
なるべく偶数ページでのご投稿をお願いいたします。

下部リンクにございますテンプレートファイル(Word/InDesign)をご使用下さい。
ご提出頂いたファイルを元にInDesignによる組版作業を行います。

原著テンプレートファイル(Word・横書き)
原著テンプレートファイル(InDesign・横書き)
原著テンプレートファイル(InDesign・縦書き)

※できればお名前部分をTwitterアカウント名(@******)、
ご所属をTwitter Free University of Languages and LinguisticsあるいはTwitter自由言語大学)に統一頂けますと幸いです。(学科名以降は自由に創作して頂いてOKです)

【SJLL5 特集】言語学徒的推し漫画選

ご自身の推し漫画をご紹介下さい。
(言語学的に面白い点などございましたら、あわせて解説をお願いいたします)
原著のテンプレートファイルをご使用の上、1~2ページでお送り下さい。

【査読】
査読はありません。
〆切までにご投稿頂ければ即掲載となります。
(ただし、誹謗中傷など不適切と見なされた場合は、不採択とし
非掲載措置を取る場合がございます。ご了承下さい)

【注意点】
なお、SJLLは論文雑誌でも何でもないただのうすい本のため、公刊扱いとはなりません。
そのため
・全く同じ原稿をWebにアップロードする
・別の雑誌に重複投稿する
以上の行為は自由に行うことができます。
ただし、SJLLに公開し、他者の目に触れたことによりネタの盗用に繋がった場合は
その被害に関して責任を負いません。
別雑誌への投稿を予定されている方はどうぞご注意下さい。

【投稿先】
原稿ファイルを添付の上,問い合わせ先のメールアドレスまで
2015/07/15 23:59(JST)までにご送付下さい。
また、寄稿頂いた皆様には謝礼として発行物を進呈いたします(発行後の送付となります)。
そのため、発行物のご送付先(ご住所)をメール本文にてお知らせ下さい。

SJLL#5 目次
【accepted papers】
@usage_based 名探偵コナンオープニング曲に見られる特徴語
@yearman 冬よりは涼しく夏よりは暖かい
@nkmr_aki ポニ和辞典
@TTAGGGn 魔法の言葉は?
@nanaya_sac この道ブワーッ行ってその角シュッって曲がんねん
@kzhr 濁音を書く

【特集】
@nkmr_aki
@nanaya_sac
お問い合わせ:
marshmallow1214@gmail.com
または@nanaya_sacまでリプライをどうぞ。

月刊ポスドク2016年8月号 原稿募集

2016年8月に開催されるコミックマーケット90(ブース確定)にて頒布する予定の「月刊ポスドク」にご寄稿下さる方を募集しております。
今回の特集は「非常勤講師」です。皆様のご寄稿をお待ちしております。

◆募集記事の種類

・フリーテーマ
アカデミア・ポスドクその他に関して自由にご執筆下さい。
(公刊されない同人誌ですので、どうか気楽にゆるりとしたノリでお書き頂けたら幸いです)
アカデミアあるある、学会あるある、や自分がポスドクの時はこうだった、今現在こうである、一言言いたい!
ポスドクたちへのエールなど、特に制限はありません。
また、アカデミア業界の日常生活や、大学生活を送る上でのライフハックなど、小ネタエッセイでも結構です。
(一般の方々も手に取られるため、その点を考慮した上でのご執筆をお願いいたします)

・特集テーマ「非常勤講師について」
非常勤講師に関するテーマで自由にお書き下さい。
実際に非常勤講師として教壇に立っていらっしゃる皆様の日々思うこと、
非常勤の準備に役立つあれこれ、授業で使えるTipsなど、是非お寄せ下さい。
特に、人文系の専業非常勤講師の現状に注目したいと思っております。
皆様の貴重な体験をお待ちしております。

◆原稿の書き方

・紙幅
無制限です。画像やグラフなども(モノクロになりますが)配置可能です。
挿入位置を「(図1をここに入れる)」など本文中にご指定下さい。
原稿テンプレートはありませんので、適宜Wordなどのテキストファイルにてご執筆下さい。
適宜段落分け(各段落にタイトルをつけて頂けますと組み版の際に助かります)をお願いいたします。
論文によくある階層構成(1.1, 1,1,1…など)ですとやや読みづらくなりますので、段落分けのみのフラットな構成でお願いいたします。
頂いた原稿を元に編集委員会にて組版作業を行い、掲載原稿を作成いたします。
(構成上関連のある写真やイラストを挿入することがございます)

・執筆資格
特にありません(非ポスドク・非アカデミアの方でもOKです)が、内容が誹謗中傷などを含むなど、
掲載に不適切だと判断された場合は、掲載されない場合がございます。ご了承下さい。

・提出方法
2016/07/15(金) 23:59 までに原稿ファイルを以下のメールアドレスまでお送り下さい。
図や写真などを挿入される場合は、そのデータも一緒にお送り下さい。
メールアドレス:marshmallow1214あっとgmail.com(あっとを@に変更下さい)

また、ご提出の際のメール本文に、
・テーマタイトル(全体の雰囲気統一のため、こちらで適宜変更する場合がございます)
・twitterアカウント名(@****)
・専門分野
(分野によって状況が大きく異なるため、付記いたします。研究に携わられたことが無い場合は、興味のある分野をお書きください)
・発送先ご住所
(ご寄稿頂いた皆様には、謝礼として発行物を進呈いたしますので、ご送付先をお知らせ下さい)
以上4点をお書き添えの上、お送りください。

その他不明な点・フリーテーマの内容に関するお問い合わせなどは
marshmallow1214あっとgmail.comあるいはTwitterで@nanaya_sacまでお知らせください。

◆広告欄

月ポスに広告を載せてみませんか?縦6×横15cmの自由な広告欄です。
研究関連の事柄でしたら個人・プロジェクト・研究内容・共同研究者募集など何でも
アピール可能です。以下の内容を広告欄に入れて下さい。
・お名前 or Twitterアカウント名
・研究内容などの詳細を示すWebサイトのアドレス
広告料は無料です。
研究推進・研究者サポートを主目的とするのであれば、企業などの営利団体の広告も掲載可能です。
(この場合も広告料は無料ですが、本誌をご予約頂くなどの発行サポートを頂けますと助かります)
以下のテンプレートをご使用頂き、上記gmailアドレスまでお送り下さい。

月刊ポスドク 広告欄テンプレート(psd)
月刊ポスドク 広告欄テンプレート(jpg)

黒枠は消さないで下さい。頂きました原稿は原寸で掲載いたしますが、
文字が小さすぎる場合つぶれる可能性がございますのでご注意下さい。
また、本文がモノクロ刷りのため、カラーで作成頂いてもモノクロ出力となります。)
〆切はフリーテーマ・特集原稿と同様です。

【付録】
作成中

月刊ポスドク 過去ログ

月刊ポスドク2015年12月号(第4号)

2015/12/13
月刊ポスドク第4号の目次及び付録を公開いたしました。近日中に当日のお品書きを公開する予定です。
また、冬コミ(C89)は12/31(3日目)東5ホール「フ-23a」のブースにてお待ちしております。
通路に面したお誕生日席です。どうぞよろしくお願いいたします。

【目次】
科研費特集
学振ってなあに?
学振研究員が科研費に応募する際の「研究期間の制限」について
まさかの海外在住者が使う科研費
科研費書類を書くときに気をつけたことあれこれ
審査者から聞いた科研費申請書Tips&科研費使用のTips

フリーテーマ
接眼レンズの向こう側
あ(〜)るPDの生活
女性研究者シンポジウムレポ
SIMフリー携帯のすすめ
PHD MOVIE上映会のやりかた
公募戦線異状なし コンビニ活用術

付録
「月刊ポスドク」特製 活版コースター
coaster

2015/10/25
募集要項を公開いたしました。
皆様のご寄稿をお待ちしております。

2015/11/26
原稿募集を締め切りました。編集作業に入ります。

【月刊ポスドク 記事募集】
◆ご執筆くださる皆様へ
・紙幅
無制限です。画像やグラフなども(モノクロになりますが)配置可能です。
挿入位置を「(図1をここに入れる)」など本文中にご指定下さい。
原稿テンプレートはありませんので、適宜Wordなどのテキストファイルにてご執筆下さい。
適宜段落分け(各段落にタイトルをつけて頂けますと組み版の際に助かります)をお願いいたします。
論文によくある階層構成(1.1, 1,1,1…など)ですとやや読みづらくなりますので、段落分けのみのフラットな構成でお願いいたします。
頂いた原稿を元に編集委員会にて組版作業を行い、掲載原稿を作成いたします。
(構成上関連のある写真やイラストを挿入することがございます)
・フリーテーマ
アカデミア・ポスドクその他に関して自由にご執筆下さい。
(公刊されない同人誌ですので、どうか気楽にゆるりとしたノリでお書き頂けたら幸いです)
アカデミアあるある、学会あるある、や自分がポスドクの時はこうだった、今現在こうである、一言言いたい!ポスドクたちへのエールなど、特に制限はありません。
また、アカデミア業界の日常生活や、大学生活を送る上でのライフハックなど、小ネタエッセイでも結構です。
(一般の方々も手に取られるため、その点を考慮した上でのご執筆をお願いいたします)
・特集テーマ「科研費(科学研究費助成事業)について」
いわゆる科研費に関するテーマで自由にお書き下さい。
#科研が書けん、科研シーズンの過ごし方、取れなかったときはどうする?など、
皆様の貴重な体験をお待ちしております。
また、「ポスドク×科研費」として、科研費を持っているのに所属が無い!という場合の切り抜け方、非常勤講師と科研費など、ポスドクが悩みがちな所属機関の問題に関しても、体験談をお待ちしております。

・執筆資格
特にありません(非ポスドク・非アカデミアの方でもOKです)が、内容が誹謗中傷などを含むなど、
掲載に不適切だと判断された場合は、掲載されない場合がございます。ご了承下さい。

・提出方法
2015/11/25(水) 23:59(募集は終了しました)までWordファイルまたはテキストファイルを以下のメールアドレスまでお送り下さい。
図や写真などを挿入される場合は、そのデータも一緒にお送り下さい。
メールアドレス:marshmallow1214@gmail.com
また、ご提出の際のメール本文に、
・テーマタイトル(全体の雰囲気統一のため、こちらで適宜変更する場合がございます)
・twitterアカウント名(@****)
・専門分野
(分野によって状況が大きく異なるため、付記いたします。研究に携わられたことが無い場合は、興味のある分野をお書きください)
・発送先ご住所
(ご寄稿頂いた皆様には、謝礼として発行物を進呈いたしますので、ご送付先をお知らせ下さい)
以上4点をお書き添えの上、お送りください。
その他不明な点・フリーテーマの内容に関するお問い合わせなどは
marshmallow1214@gmail.com
あるいはTwitterで@nanaya_sacまでお知らせください。
(Twitterの方が反応が早いかと思います)

・広告欄
月ポスに広告を載せてみませんか?
縦6×横15cmの自由な広告欄です。
研究関連の事柄でしたら個人・プロジェクト・研究内容・共同研究者募集など何でも
アピール可能です。以下の内容を広告欄に入れて下さい。
・お名前 or Twitterアカウント名
・研究内容などの詳細を示すWebサイトのアドレス
広告料は無料です。
今回より研究推進・研究者サポートを主目的とするのであれば、企業などの営利団体の広告も掲載可能とします(この場合も広告料は無料ですが、本誌をご予約頂くなどの発行サポートを頂けますと助かります)。
以下のテンプレートをご使用頂き、上記gmailアドレスまでお送り下さい。
(黒枠は消さないで下さい。頂きました原稿は原寸で掲載いたしますが、
文字が小さすぎる場合つぶれる可能性がございますのでご注意下さい。
また、本文がモノクロ刷りのため、カラーで作成頂いてもモノクロ出力となります。)
〆切はフリーテーマ・特集原稿と同様です。
【付録】
作成中

某企業に入社しました

お知らせが遅くなってしまいましたが、今週より某企業にて働いております(といっても最初2日はほぼ研修だったのですが)。コンプライアンスとかちょっとよくわからないのと、どこにいても私は私なので、特に企業名を挙げたりはしないでおきます。詳しくはabout meをご確認下さい。

というわけで、初めて本格的なチームワークの場に飛び込んで、新入社員としておっかなびっくり電話を取ったりしています(大体誰かに先を越されます)。名前を覚えるのとか、なかなかに大変です。あとミーティングがすごく多いです。まわりはもう1日目から営業先に行ったりしているので、私も早くどこかに行きたいなぁと思っています。これからぼちぼちと取材やご挨拶などに行くのでどうぞよろしくお願いいたします。

時間の使い方をどうにかしないとなーと思ってます。

あ、あと東大所属の時に書いたちょっとした論文が本日アクセプトされました。東大への置き土産的な感じになりましたが、無事出てよかったです。まだアクセスできる段階にないので、できるようになったらまたお知らせします。

学術支援専門職員を退職しました

ittcロゴ試作

 

 

ホントは4月末ですが、先日木曜日が最終出勤日だったので。標題の通りUTokyo(ちょっと伏せる)の学術支援専門職員を退職しました。2013年の5月半ばから今までだったので、もう半月で3年に届こうかというところだったのですが、常勤職が決まったため退職となりました。週2(1年)→週1(2年)という低頻度のパートタイムではありましたが、おそらく今までやってきたパートタイム職の中で一番長くやった部類に入ると思います。

当時産総研に週3で行っていて、どこか他に職はないものか、と思っていたら立ち上がったばかりのプロジェクトに一人だけいた古株同僚さんに声をかけて頂いたのがご縁でした。その当時はまだ部屋にはMRIのハリボテとデスクが一個しかありませんでした。今はデスク4個にフルで人がいる状態なので、だいぶ変わりましたね。最初の頃は什器の発注とかそんなんばっかりやってた気がします。週1になってからはミーティングにもなかなか出られず、関わることも少なくなってしまったのですが、上のロゴデザインやその他デザインまわりのお仕事もちょこっとだけやらせて頂きました。結構頻繁に人が入れ替わるところで、現在進行形でまぁいろいろあるんですけれども、無事プロジェクトが完遂されることを切に祈っております(コホート研究なので、長く続けば続くだけ良いのですけれど)。築100年弱の研究棟にももういかないのだと思うと、ちょっと寂しくなります。職場は近いので、個人的にやりとりさせて頂いたり、余裕が出てきたらお手伝いができるとよいなと思います。

立ち上げ当初から慢性的に人手不足なので、もし興味のある博士課程院生さん・ポスドクの方などいらっしゃいましたら是非行ってあげて下さい。

さて、二つの職をかなぐり捨てた先に何が待っているのか、私自身も現時点では不安しかないのですが、正式に配属されましたら就職エントリを書きます(内定はちゃんとしてるみたいです)(書類が来た)。GW明けくらいになるかと思います。

ちなみにまだ論文募集してます。あんまり多くなると自分の首を絞めることになるのですが、でもある程度欲しいのでぜひください。

PC上で質問紙がやりたい

標題の通り、仕事の都合でPCで制御した質問紙調査を行う必要があり、いろいろと探したので少しまとめておきます。実験心理の者としては「実験プログラムでそういうの作ればいいじゃん」と考えていたのですが、E-Primeで先行して作ってもらった物がちょっとわかりにくかったみたいです。それで「オフライン環境下でデータ取得が可能な」「画像を選択肢に入れることができる」アプリケーションを探していました。しかしこの2つの条件が結構厄介で、なかなかに難航しました…

1)limesurvey

だいたいの実験プログラムはオフラインでも動くのですが、アンケートはWebで拡散してなんぼのこのご時世、オフラインで質問紙やろうとする人はあまりいないみたいです。自分でHTMLとかcgiで組めればいいし、できなくもないのですがひどく時間がかかるので、そういうソフトがないかなーと思って探しておりましたら、見つけたのがこちら。

limesurvey http://www.limesurvey.org/

PHPで動きます。Cyberballと同じくPC上に仮想サーバーを立ててそこに入れて動かすので、見た目は普通のwebアンケートができます。仮想サーバー(XAMPP)同梱のパッケージもあって、これをインストールすればすぐ始められるので便利です。しばらく使ってみて画像が選択肢に入れられないことがわかったので、残念ながら不採用です。ただ質問項目の作り方も割と自由度が高く、なんといってもすべて無料で済むので、結構よいものだと思います。

2)creative survey

それからiPadでオフライン調査をやることを想定しているソフトがいくつかあるのを知り(街頭調査とかですかね)、そちら方面で探してみるとUIまわりが非常に綺麗なソフトを発見しました。

creative survey http://creativesurvey.com/

すごく綺麗で画像も選択肢に入れられるので、「これで作ってiPadアプリ(有料・3600円)に落として使えるのでは」と思い一通り調査を作ってからiPadアプリについて調べてみたら「現在購入できない」状態なのだそうです…。もっとわかりやすいところに書いておいて欲しい。ちなみに、作った調査はオンラインであればweb上で回答可能ですが、オフラインでは動かないので、不採用に。

3)アンケートとるん

MOMONGAアンケートなどと迷ったんですが、有料にした場合のコストが低い方ということでこちらに決めました。

アンケートとるん http://katjp.com/torun/ipad/

こちらのアンケートはUIまわりはcreative survey程ではないのですが、画像が使用可能で、回答によって質問をスキップする機能も無料で使えるので良い感じです。画像を選択肢にする場合の推奨サイズが記載されていないので、目分量で調整しつつ作りました。多分縦220×横300の比であれば枠内にちゃんと表示されるのでは、と思います。無料版では1アンケートにつき質問項目5問まではiPad(オフライン)に蓄積したデータのダウンロードができます。質問紙としては5問以上設定できるのですが、データのダウンロードは5問までで、残りは空白になるらしいので気をつけて下さい。制限解除(1年:28000円)すればこの制限がなくなるので、長めの質問を取りたい場合は解除するか、面倒ですがアンケートを分割するとか、ですかね。開始画面と終了画面でも画像を使えます。あとヘッダ・背景も画像が指定できるらしいのですが、うまくいかないので現在問い合わせ中です。

4)その他

今回はちょっとマニアックな要望が入っていたのでかなり選択肢が限られてしまいましたが、単純にテキストベースのアンケートをするだけであればこれ以外にもたくさん使えるソフトがあるかと思います(google フォームとか、surveymonkeyとか)。無料だといいつつも条件分岐とかスキップ機能・画像提示は有料、なんていう場合もあるので、使う場合は質問項目の性質によって使い分けしないといけないようです。それぞれソフト毎に機能比較できたらいいんですけども、そこまで深入りはしません。これから使いたい方の参考になりましたら幸いです。

そしてここまで来て職場まわりにWi-Fiが飛んでない、という指摘があり頭を抱えています。iPadは頑なに有線接続できないことになってますからね…また考えます。

PHD MOVIE2の日本語字幕ができました

少し前にゆるぼしておりました、PHDMOVIE2の日本語字幕ができました。チェックして頂きました@khcoder様には心より感謝です。先ほど制作者に送り返したところなのですが、一応字幕を使って映画を観る方法をまとめておきます。

【英語・日本語字幕付きPHD MOVIE2の鑑賞方法】

事前準備:動画ファイル(有料)をダウンロードします。http://phdmovie.com/の「Watch it now($5)」をクリックすると清算画面が出てきます。普通に観るだけなら5ドルなのですが、字幕を付けたい場合は動画ファイルをダウンロードする必要がありますので、「$5 Download full The PHD Movie 2」にチェックを入れて、計10ドルを支払うとmp4ファイルがダウンロードできます。一回支払うと5回までダウンロードできるようです。また、日本語字幕ファイルもダウンロードします。これ→ PHD_MOVIE2_Subtitles_Japanese

1)VLC Media Playerをダウンロードしてください。http://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

2)プレーヤーを開き、「ツール」→「設定」→「字幕」から、デフォルトエンコーディングで「日本語(シフトJIS)」を選択してください。その下の「字幕の効果」ではフォントを「Meiryo UI」(「メイリオ」ではありません)、フォントサイズを「小」に設定してください。

3)「メディア」→「複数のメディアを開く」を開きます。ファイル選択のところにダウンロードしたmp4ファイル、「字幕ファイルを使用」のところチェックを入れ、srtファイルを設定してください。

4)「再生」を押すと、字幕つきの映画が始まります。Enjoy☆(ゝω・)v

若干つらい時期に翻訳作業をしてたので、「なんでこんなにつらいの?」シーンではやっぱり泣きながら訳してたのですが、チェックもして頂いたのでそれなりに使える物になってると思います。ノンアカデミアの方々にも観て頂けるとうれしいです。ぜひ。

あなたの論文、ください

皆さんの論文と、グッズを交換するキャンペーン(わらしべプロジェクト)をしばらくやります。ご参加頂けましたら幸いです。こちらで頂いた論文は、夏コミで何かになります(たぶん)。

【参加方法】

以下の必要事項とともに、皆さんが書かれた論文のpdfデータあるいは紙媒体をお送り下さい。折り返しstudio7839で扱っているグッズを返送いたします。pdfデータの場合はメール(marshmallow1214 at gmail.com)、紙媒体をご送付頂ける場合も一旦メールにてその旨お知らせ下さい。送付先を返信いたします。

・グッズの希望(論文添削用付箋1、論文添削用付箋2、おまかせ)

・送付先住所、お名前

※論文は、雑誌論文、プロシーディングなど掲載媒体は問いませんが、「査読あり」のものに限ります。また、キャンペーンの参加はお一人様一本・一回限りとします(複数本送って頂いても、グッズは1点のみお送りいたします)。グッズは基本的に付箋をお送りしますが、おまかせにして頂くとそれ以外が届く場合があります。頂いた住所は、このキャンペーンにしか使用いたしません。キャンペーン終了後はメールを破棄いたします。

※追記:読めないとまずいので、大変恐縮ですが日本語か英語の論文だと助かります。もし無い場合は、日本語のアブストラクトを添えて頂けると嬉しいです。

論文であれば質・量・時代ともに全く問いませんが、「渾身の一本」を下さるととてもうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

20160408

こんばんは。ちょこちょこTLに戻っています(発言はしてませんが)。こういうところは流れが速くて、1週間前の話題なんてほとんど残っていないものなのだ、ということを思い出しつつあります。桜もほぼ散りつつありますし、同僚さんからハリボーグミをもらったりして機嫌を直しつつあります。最近仕事の都合で(?)Wordの表が綺麗に描けるようになりました。変なスキルばかりついています。

昨晩ゆるぼした字幕チェックですが、特にインセンティブも何もなくて申し訳ないです。インセンティブらしきものといえば、一応映画に字幕を載せて観て頂かないと意味が無いので、確認をお願いする際に映画の動画データと一緒にお送りする予定です。なので、まぁただで観れますよ、というのがそれらしきものです。本当は別の方にお願いする予定だったのですが、お忙しそうなのと、私が個人的になるはやで返したいというのもあり、タイムリミットを設けさせて頂きました。アカデミックな皆様には正直英語字幕さえあれば問題ないんじゃね?と気づいたりもしましたが、ノンアカの方々とも共有するためには日本語字幕あるに越したことはないですよねーと自分の作業を正当化しようとしています。現時点でゆるぼへの反応はないので、何度かチェックして今週末くらいに返しちゃおうかなと思っております。

次やることに集中したいとも言います。

【ゆるぼ】映画の字幕チェックをして下さる方

ここ数日何をしていたかというと、実は映画の日本語字幕を作っていました。昨年晩秋に映画上映会を行ったPHD MOVIE2の日本語字幕がまだ無いのがずっと気になっていて(昨年秋に公開されたばかりだから、仕方がないのですが)、制作者に「まだ無いのか、無いなら作るよ」と問い合わせたところ、英語版の台詞データをもらいました。そこからちまちま翻訳を進めて、数日前にできあがりました。

英語もあんまり得意ではないし、まして字幕作成などド素人もいいところなので、制作者に日本語字幕を送る前にチェックして下さる方を募集してます。時間的にタイトですが、1週間くらいで確認して結果を教えて下さる方に限定させて下さい。英語字幕と日本語字幕がどちらも出てきますので、シーンを観つつ訳がおかしくないかチェックするだけでOKです。映画自体は1時間20分くらいです。

興味のある方はTwitterのDMにてお知らせ下さい。追ってデータ等をお渡しします。どうぞよろしくお願いいたします。

ページ上部へ戻る