カテゴリー: Uncategorized

2016年を振り返る

年末くらいはブログを書いて締めくくりたいので、
いつものように一ヶ月ずつ振り返りたいと思います。

1月
まだ明治大学でポスドクをやっています。
ちょこちょこ就職に向けてコマを進めています。
非常勤をこなしたり、冬コミの後片付けをしたりしてました。

2月
米津さんのライブに行きました。とても良かったです。
就職関連でまだ動いています。揺れていた頃ですね。

3月
カレンダーにほとんど予定が書いてありません。
(これはカレンダーを見て思いだして書いてます)
任期最後の月なので、片付けをしていました。
内定もこの頃に出たんだっけな?

4月
常勤の職が無い月だったので、いつもより多めに東大の方に行っていました。
シーヒーラベルを作ったり、映画の日本語字幕を作ったり。
スペルベルの講演会にも行きました。
フリーターを謳歌していた感じです。

5月
とある会社に入って、その週でちょっと無理だな、と思って
出てきました。
人には向き不向きがあるということを学びました。

6月
今いる会社で働き始めました。
最初のうちはできることがあまりなくて、
分析のお手伝いとか、打ち合わせに着いていったりとか、
オフィスにソファが欲しいと言って買ってもらったりしました。
(まだあんまり座ってない)

7月
だんだんお仕事が増えてきます。
大阪への出張ついでに関学に突撃訪問したりしてましたね。懐かしい。
夏コミのネタ集めとしてToiToiToiさんのところにも突撃したり、と
突撃続きの月でした。

8月
この月はサイエンスカフェを2件ハシゴしています。
どちらもとても面白かったです。
あとは仕事で初めての調査をしたり、本格的にお仕事にコミットし始めています。

9月
もうすぐ非常勤が始まってしまう…と戦々恐々しながら増えてゆくお仕事に
対応する日々でした。そんな中でも横浜に遊びにいったり、科学新聞さんの
取材を受けたり。
あと大阪→札幌→東京3日間の旅という強行スケジュールにもチャレンジしました。
もうやらない。

10月
9月後半から始まった週3コマの非常勤の重みに耐えながら、お仕事をこなします。
耐えきれずに月の中盤に風邪をひいて倒れますが、軽症でかわすことができました。
そして怒濤の調査ラッシュも始まり、社内全体で体調を崩す人たちが続出した時期でもありました。

11月
調査ラッシュがおさまった…と思ったら納品ラッシュが来て、これはこれで大変でした。
文学フリマに出展したら予想以上に売れたのでびっくりしたりもしました。

12月
穏やかにお仕事をこなしつつ、脳内はほぼずっと冬コミ原稿のことしか考えてませんでした。
おかげさまで本日無事に頒布を行うことができました。やれやれ。

というわけで、今年もまぁなんとかやっていくことができました。
皆様の然るべきタイミングにおける然るべきご支援、本当にありがとうございます。
特に春頃アカデミアから去ることに対してだいぶ精神的に不安定になっていたので、
その頃に八つ当たりをしてしまった某方面の方々には大変申し訳ございませんでした。
割と忘れっぽいので(大切なこともそうでないことも)、今はある程度レベルアップして
冷静に考えることができています。
この年でも考え方はぐいぐい変わるのだな、変えられるのだな、と救われたような思いも、少しします。
今の職場は活動の自由度が非常に高いので、いろいろと手を出していきたいと思います。
(すでにいくつか出してしまっていますが、それはまた追々お話しますね)

そして、今年は大厄の年でもありました。
大厄に相当することは起きてると言えば起きてるのかもしれませんが、
個人的には(すでに忘れているので)あまり悪い年という感じはしませんでした。
来年も困ったことはあまり起きて欲しくないなぁと思います。

一つ心残りなのは、平田(2016)が発行できなかった(論文が出せなかった)ことでしょうか。
これはひとえに準備中のまま止めてしまっている私が悪いので、
がんばれ、すごくがんばれ、としか言えません。

今年もこちらのブログやTwitter、そして生身の私自身に
さまざまなご支援を賜りまして、誠にありがとうございました。
もう少し更新頻度を上げたいところですが、もしかしたら社内ブログができたら
そちらで跳んだりはねたりしているかもしれません。
よろしければそちらもどうぞ(現在ホームページは改装準備中です)。

来年も皆様にとってよりよい年でありますように。

科学新聞さんに月刊ポスドクを取り上げてもらいました

dsc_1934

9/23(金)発行の科学新聞第二面に月刊ポスドクの記事が載りました。
奇しくも第一面も若手研究者の前途に関する記事で、微妙にリンクする形になったわけですが。
その裏側で能天気に「楽しい研究ライフを」と謳っています。

%e7%a7%91%e5%ad%a6%e6%96%b0%e8%81%9e_%e6%9c%88%e3%83%9d%e3%82%b9%e8%a8%98%e4%ba%8b

この間記者さんと知り合いまして、文科省内にある記者クラブというところに伺ってお話してきました。
写真で冊子を抱えているのが私です(ホントは顔写真も、ということだったのですが、顔出しNGということで)。
私自身もいろいろ聴いて頂いて面白かったのですが、こちらの編集長の方に科研費の仕組みなどについても
教えて頂いて、あまりに知らないことばかりだなぁと感じておりました。
思ったよりいろいろできることはあるのかもしれないよ。

専門紙と呼ばれる新聞のため、その辺で売っていないのですが、大きな図書館などで購読している場合が
ありますので、興味のある方は是非探してみて下さい。
最新の論文情報や、科研費を含めた学術的な資金の動きなどの最新情報が書いてあります。
この号は生化学会直前号らしく、その特集もあります。

戻ってきたよ

新しい会社に来てもうすぐ一ヶ月が経とうとしています。
自分のペースで仕事ができるので、今のところ元気に楽しく仕事をしています。
すでにいくつかのプロジェクトのお手伝いをしていて、今後はメインで引っ張っていくプロジェクトも増えてくるようです。
(プロジェクト振り分け係が案件を振りかぶって投げる待機をしてるそうです)
非常勤のない時期なのでまだ余裕がありますが、これから秋学期を見据えて動けるようにしていきたいと思います。
副業とあわせてうまいこと回していきたいものです。

産総研を出てから2年ほど、心理学そのものをメインで扱う学部にいなかったので、
今の会社(心理学がメインです)でそういう話題になると
「そういえばこういうところだったな」というのを、懐かしく感じます。
メインフィールドに戻ってきたという感覚で、少し身が引き締まる思いです。
相変わらず同分野の知り合いよりも他分野の知り合いの方が多いので、もう少しメインフィールドでも
プレゼンスを高めていきたい、そのためにきちんと研究を進めたい、と改めて思うようになりました。
もう常々数年後のことだけしか考えられないような、刹那的なキャリアパスを描いて、
それに必死にしがみつく必要もなくなったので、なおさら研究に専念できるわけですし。

とはいえ、今やっている活動もどうにか続けていきたいので、やっぱりがんばらないといけないわけで。
頑張ります(結論)。

月刊ポスドク、SJLLも粛々と周辺から準備を進めて行っています。
(それぞれの付録は既に生産が始まっています)
記事募集は既に始まっておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
月ポスに関しては、許可さえ頂ければ取材にも伺いますので、興味のある方は
是非お問い合わせ下さい(メールでもTwitterでも)。

某社に入社しました

はい。今日まで諸々交渉していたのですが、合意に至りましたので無事入社と相成りました。
今月からイデアラボさんにて研究員(常勤?)として働くことになりました。
前の職場と比べると(厳密に比べられるものでもないですが)自由度の高いところなので、
自分個人のお仕事もしつつ、のびのび働けたらな、と思います。
社長含めスタッフの皆さんとも旧知の仲で、以前からお付き合いがあったり仕事のお手伝いなど
していたので、フレッシュさはないですが、要らぬ気遣いも無し、という良い環境だと思います。
気持ちよくスタートダッシュしたいと思います。

というわけでイデアラボさんにコンタクトを取ると私が動くようになりましたので、
何かありましたら、ぜひおしごとをください。

あと、ポスドク・大学院生の就職支援に関しては個人的に動きたいと思っています。
それに絡めたプロジェクトをstudio7839名義で始めるので(現在準備中です)、
公開されましたらチェックして頂けるとありがたいです。

明日から早速打ち合わせなので、頑張ります。
寿司Tシャツを着ていきます。

某社を退職しました

こう立て続けに退職エントリ書くことになるとは夢にも思わなかったです(書かなければいいんですけども)。というわけで、今月初旬に入社した某企業を本日付けにて退職いたしました。理由はいろいろあるのですが、第一の理由は「心身がついていかなかったから」です。これに関しては入社前からかなり不安に感じていて、大丈夫かどうか社員の方に何度か相談もしていました。でもやはりそこは生存バイアスがあって、勤務形態に関するこちらの誤解もあり、他諸々が追い打ちをかける形で、入社初週にすでに退職の意をお伝えしておりました。

こちらではある冊子の編集長のお仕事を入社前から頂いていたり、やりたいことをお話して、その実現に向けてがんばるのをとても楽しみにしておりました。しかしながら人間熱意だけで身体が動くわけではなく、このままいても私にとっても会社にとっても損しか無い、と判断しました。そうとなればまわりのプロジェクトになるべく影響が出ないように、なるべく早いうちに引き上げなければ、と思いこのタイミングになりました。見通しが立たないまま、プロジェクトになるべくアサインされないように過ごすのもつらいものがあったので、もう少し早ければ良かったなと思っています。

なお、会社の中では皆さんにとても良くして頂きましたし、短いながらビジネスの現場を垣間見ることができて、大変勉強になりました。自分では何も成すことができなかったこと、また冊子のプロジェクトを放り投げて大変なご迷惑をおかけすることに関しては、心苦しく、非常に残念です。

短いながらいろいろとお世話になった社員の皆様、特に仲良くして下さった新入社員の皆様には心より感謝申し上げると共に、今後の皆様のご活躍、ご発展をお祈り申しあげます。どうか幸せに。

私は、自分のやりたいこと、やるべきことを、どこか別の場所でやり遂げたいと思います。明日はどっちだ。

日本語版it’s ok to say what’s ok

こんにちは。お休みなので変な時間にポストしてみます。

この間良い物を見つけました。

It’s ok to say what’s ok

リンク先に飛んでいって頂けるとわかるように、イギリスのGDS(ものすごく新入社員が多いそうです)のスタッフが作った、「何をしてもいいか」のポスターです。新入社員が多いと、仕事に必要なオフィシャルなこと(プリンタの使い方など)を伝達しなければいけません。ただ、何がOKで何がNGなのか、という働き方における非公式なルールを新入社員に伝えるのは結構難しいそうです。

奇しくも同じようなタイミングで、私も新入社員として過ごしております。公的なことに関しては研修を受けて理解したものの、おやつ食べていいのか、とか、そういった細かい非公式なことはいわゆる「空気を読む」ことでしかわかりません。また「新入社員かくあるべし」のような、一部にしか適用されない特有の空気もあったりして、混乱しておりました。こんな風に「これはしてもいいです」と明文化されていると、とても働きやすいのに、と思い、こちらの英語ポスターを訳してみたのが以下のPDFです。

日本語版 it’s ok to say what’s ok

訳が拙い上に間違ってる可能性があるのですが、適宜付け加えて職場に貼ることで環境改善につながるのではないかと思っております。
まぁ、こちらだと明文化されていても建前だと認識されてしまったり、実態と乖離してたら意味が無いんですが。

某企業に入社しました

お知らせが遅くなってしまいましたが、今週より某企業にて働いております(といっても最初2日はほぼ研修だったのですが)。コンプライアンスとかちょっとよくわからないのと、どこにいても私は私なので、特に企業名を挙げたりはしないでおきます。詳しくはabout meをご確認下さい。

というわけで、初めて本格的なチームワークの場に飛び込んで、新入社員としておっかなびっくり電話を取ったりしています(大体誰かに先を越されます)。名前を覚えるのとか、なかなかに大変です。あとミーティングがすごく多いです。まわりはもう1日目から営業先に行ったりしているので、私も早くどこかに行きたいなぁと思っています。これからぼちぼちと取材やご挨拶などに行くのでどうぞよろしくお願いいたします。

時間の使い方をどうにかしないとなーと思ってます。

あ、あと東大所属の時に書いたちょっとした論文が本日アクセプトされました。東大への置き土産的な感じになりましたが、無事出てよかったです。まだアクセスできる段階にないので、できるようになったらまたお知らせします。

学術支援専門職員を退職しました

ittcロゴ試作

 

 

ホントは4月末ですが、先日木曜日が最終出勤日だったので。標題の通りUTokyo(ちょっと伏せる)の学術支援専門職員を退職しました。2013年の5月半ばから今までだったので、もう半月で3年に届こうかというところだったのですが、常勤職が決まったため退職となりました。週2(1年)→週1(2年)という低頻度のパートタイムではありましたが、おそらく今までやってきたパートタイム職の中で一番長くやった部類に入ると思います。

当時産総研に週3で行っていて、どこか他に職はないものか、と思っていたら立ち上がったばかりのプロジェクトに一人だけいた古株同僚さんに声をかけて頂いたのがご縁でした。その当時はまだ部屋にはMRIのハリボテとデスクが一個しかありませんでした。今はデスク4個にフルで人がいる状態なので、だいぶ変わりましたね。最初の頃は什器の発注とかそんなんばっかりやってた気がします。週1になってからはミーティングにもなかなか出られず、関わることも少なくなってしまったのですが、上のロゴデザインやその他デザインまわりのお仕事もちょこっとだけやらせて頂きました。結構頻繁に人が入れ替わるところで、現在進行形でまぁいろいろあるんですけれども、無事プロジェクトが完遂されることを切に祈っております(コホート研究なので、長く続けば続くだけ良いのですけれど)。築100年弱の研究棟にももういかないのだと思うと、ちょっと寂しくなります。職場は近いので、個人的にやりとりさせて頂いたり、余裕が出てきたらお手伝いができるとよいなと思います。

立ち上げ当初から慢性的に人手不足なので、もし興味のある博士課程院生さん・ポスドクの方などいらっしゃいましたら是非行ってあげて下さい。

さて、二つの職をかなぐり捨てた先に何が待っているのか、私自身も現時点では不安しかないのですが、正式に配属されましたら就職エントリを書きます(内定はちゃんとしてるみたいです)(書類が来た)。GW明けくらいになるかと思います。

ちなみにまだ論文募集してます。あんまり多くなると自分の首を絞めることになるのですが、でもある程度欲しいのでぜひください。

あなたの論文、ください

皆さんの論文と、グッズを交換するキャンペーン(わらしべプロジェクト)をしばらくやります。ご参加頂けましたら幸いです。こちらで頂いた論文は、夏コミで何かになります(たぶん)。

【参加方法】

以下の必要事項とともに、皆さんが書かれた論文のpdfデータあるいは紙媒体をお送り下さい。折り返しstudio7839で扱っているグッズを返送いたします。pdfデータの場合はメール(marshmallow1214 at gmail.com)、紙媒体をご送付頂ける場合も一旦メールにてその旨お知らせ下さい。送付先を返信いたします。

・グッズの希望(論文添削用付箋1、論文添削用付箋2、おまかせ)

・送付先住所、お名前

※論文は、雑誌論文、プロシーディングなど掲載媒体は問いませんが、「査読あり」のものに限ります。また、キャンペーンの参加はお一人様一本・一回限りとします(複数本送って頂いても、グッズは1点のみお送りいたします)。グッズは基本的に付箋をお送りしますが、おまかせにして頂くとそれ以外が届く場合があります。頂いた住所は、このキャンペーンにしか使用いたしません。キャンペーン終了後はメールを破棄いたします。

※追記:読めないとまずいので、大変恐縮ですが日本語か英語の論文だと助かります。もし無い場合は、日本語のアブストラクトを添えて頂けると嬉しいです。

論文であれば質・量・時代ともに全く問いませんが、「渾身の一本」を下さるととてもうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。

20160408

こんばんは。ちょこちょこTLに戻っています(発言はしてませんが)。こういうところは流れが速くて、1週間前の話題なんてほとんど残っていないものなのだ、ということを思い出しつつあります。桜もほぼ散りつつありますし、同僚さんからハリボーグミをもらったりして機嫌を直しつつあります。最近仕事の都合で(?)Wordの表が綺麗に描けるようになりました。変なスキルばかりついています。

昨晩ゆるぼした字幕チェックですが、特にインセンティブも何もなくて申し訳ないです。インセンティブらしきものといえば、一応映画に字幕を載せて観て頂かないと意味が無いので、確認をお願いする際に映画の動画データと一緒にお送りする予定です。なので、まぁただで観れますよ、というのがそれらしきものです。本当は別の方にお願いする予定だったのですが、お忙しそうなのと、私が個人的になるはやで返したいというのもあり、タイムリミットを設けさせて頂きました。アカデミックな皆様には正直英語字幕さえあれば問題ないんじゃね?と気づいたりもしましたが、ノンアカの方々とも共有するためには日本語字幕あるに越したことはないですよねーと自分の作業を正当化しようとしています。現時点でゆるぼへの反応はないので、何度かチェックして今週末くらいに返しちゃおうかなと思っております。

次やることに集中したいとも言います。

ページ上部へ戻る