カテゴリー: Uncategorized

今年もお世話になりました

お久しぶりですが、年末のご挨拶です。

毎年実家で過ごしているこの時期ですが、

今年は出先でのご挨拶になります。

今年は春から関東に出てきて、新しいことをいろいろと学びました。

公私共に手探りの状態から、やっと欲を出して動いていける状態に

持っていくだけで終わってしまった気もします。

一言で言ってしまうと停滞の年だったと言えるのですが、

来年からしっかり動いていくための期間だったと思いたいです。

研究の継続も含めて何かと悩むことが多いですが、

何事も楽しんでゆけたらよいですね。

 

年末恒例の1ヶ月毎の振り返りは今年はありません。

(タブレットからの入力なので面倒だったりします)

 

なお、まだinvitationが来てないので微妙なのですが、

年明け15日から2月末までイギリスに短期滞在する予定です。

交渉の結果なんとかギリギリで行けることになりました。

実り多い期間を過ごしたいと思います。

 

それでは、本年もありがとうございました。

来年も管理人共々よろしくお願いいたします。

 

ICPEAL2012で発表します

ご無沙汰しております。

もう明日の話になってしまいますが、明日から週末にかけて名古屋大学で開催される

ICPEAL2012でポスター発表いたします。

no.12

“Cross-modal correspondence between brightness and Japanese diacritical marks is not found in Chinese speaker”

です。

ギリシャ文字に濁点・半濁点をつけた刺激でGarner’s taskをしたら

日本人では明るさとの対応が見られたけれど中国人では見られなかったので

diacritical marksがどのようなルールで音韻変化をもたらすのか、という

知識がこの現象には必要なのだね、というお話です。

言語の人からすると当たり前すぎるお話なので、面白がってもらえるのか

未知数ですが、アジア言語に特化した学会なのでこんなマニアックな

ネタでもわかってもらえるかな、と期待しております。

 

プログラムを見る限りどうも口頭発表がメインの学会で、

ポスター発表はおまけ的扱いのようです(1日目の1セッションしかない)。

名古屋久しぶりなので楽しみですね-。

 

なお、この学会をもちまして今年度の学会発表は終了の予定です。

学会参加のみはふらりとするかもしれません。

 

また、ついでのご報告になってしまって恐縮ですが、

来年度からの学振PDは残念ながら不採用となりました。

応援・ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

所属先・収入面等白紙状態ですので、今後も研究を続けていけるよう

どうにか居場所を見つけたいと思っております。

 

個人的なお知らせ

 

 

 

 

またもやご無沙汰しております。

ご報告が遅れましたが、春頃に入籍しており、戸籍上の姓が「茂木」に変更されました。

先日式を無事行うことができたため、ご報告申し上げます。

研究関係では旧姓のままでの活動を続けます。

一個人としても研究者としてもまだ未熟ではございますが、

変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

JSAI2012 press release「本当に関西の人はオノマトペをよく使うの?」

 

 

 

お久しぶりです。直前のお知らせになってしまい申し訳ございません。

明日12日・13日の二日間、JSAI2012(人工知能学会第26回大会)で

オノマトペに関する発表を行います。タイトルは

「オノマトペに対する意識の地域差比較」です。

他の方々のご発表に関しては以下のアドレスをご覧下さい。

http://tkomat-lab.com/jsai2012/index.html

 

昨年私がオノマトペハンターに関する研究を発表した場の

今年度バージョンです。今年はウェブで行った大規模調査の

結果をご報告します。

オノマトペ友の会にたびたび寄せられる質問(一般の方々からの)に

「どうして関西の人たちはオノマトペをよく使うの?」というものがあります。

ただ、これは通説として信じられているだけなのかもしれません。

では本当に他の地域と比べて関西の方がオノマトペをよく使っているの?

ということをダイレクトに訊いてみました。

また、「関西の人はオノマトペをよく使う」信念自体も本当に存在するのか?

そしてその原因とは?

結果は明日のお楽しみということで。

興味を持たれた方で現地にいらっしゃらない方はUstreamの方を

是非チェックしてみて下さい。

http://www.ustream.tv/channel/jsai2012-onomatope

本研究の出番は12:10~12:30の予定です。

また私自身はその次の発表にも少し登場します。

次の発表は国会会議録のオノマトペを分析してみた結果と、

分野横断方研究のススメ、という二部構成になってます。

その前半部分を担当いたします。

 

それでは皆様、明日現地orUstでお会いできると嬉しいです。

(写真は新山口から湯田温泉まで乗った二両編成のレトロ車両です)

 

 

 

長い一月

 

少し前のことですが、六本木ヒルズにのぼってきました。

ここはどこに行っても人ばかりですね。

最寄り駅ですら毎日ラッシュ時は梅田並みの混雑です。

さて、まだこちらに来て1ヶ月も経っていないのですが、

ずいぶん時間が経ったように思います。

周辺のお店や大学構内の必要な施設についても

だんだんわかってきました。

(相変わらず身分証明が発行されないので、不審者だと

思われたらそうではない証明ができない状態ですが・・)

先週末にKG.Rに1時間15分だけ参加してきました。

お話自体はいつも聴いているお話だったのですが、

講習会としては異例の続き物(今回学んだ分析方法で実際にデータを分析して、

次回発表する)だったので、構成が面白いなぁと思っておりました。

あと事前のお知らせとかフォローアップの仕方はさすがと言うほかなく。

自分でイベントを開催するときの見本としたいです。

もうそろそろ研究費の内定交付が出てくる時期なので、

環境を整えていきたいところです。実験機器も買わないと。

日心の締め切りが延びたので、発表参加をするかどうかで迷っています。

近場ですし、どちらにしろ参加はしますし。

ただネタが切れ気味なのでどうしようかなぁと思っています。

直近の学会参加は6月のJSAIです。いろいろ楽しいことになりそうです。

お楽しみに。

名前が少し変わりました。

ページ上部へ戻る