明治大学研究推進員を退職しました

毎回お久しぶりと書いている、ということを書いている気がしますが、実際そうなのでしょう。

標題の通り、本日付で明治大学研究推進員(法人ポスドク)を任期満了のため退職しました。こちらでは、小松先生のもとでオノマトペ・音象徴の研究をさせて頂きました。それ以外のことにも盛大に首を突っ込んだりしていましたが、渋い顔で温かく見守って下さった小松先生には感謝の念しかありません。文句ばっかりいたずらばっかりで本当にすみません、そして心よりありがとうございました。

そして明日からはどこに行くのかということなのですが、当面どこにも行き場がありません。5月からとあるところに勤めることは決まっているのですが、いろいろとよくわからない(言っていいのかよくわからない・現時点で書面で何も頂いてないのでホントに決まってるのかわからない・大丈夫か)ので、着任してからお知らせしようと思います。なお、こちらの着任に伴い、3年ほど勤めてきた東京大学の職も4月末に辞することが決まっております。

新しい着任先は、研究機関ではありません。これまでいろんなところで応募したりして研究を続ける手段を模索してきましたが、見つかりませんでした。つまりは、そういうことです。非常勤講師の職は続けるので、アカデミアに片足残す形となりますが、使える実験室設備がない以上、実験心理学者としては、道を絶たれたことになります。

悔しいといえば悔しいのですが、以前からアカデミアがいろいろと大変(頭の悪い表現)だったり、それは根本的にお金の問題だったりして、世界のお金の巡り方に興味を持つようになりました。なので、今あるお金がどこから来て、どこへ行って、自分でつくるにはどうしたらいいのか、ということを学ぼうと思っています。もちろん研究活動はとても好きで、考えることも依然好きで、研究自体は在野研究者として続けていくつもりです(そちらのほうがより「純粋な」研究者でいられるのかもしれません)。

4月は東大に少し多め(週3)に勤めつつ、傍らでやっていた制作活動に力を入れようと思っています。これに関してはまたサイトの方でお知らせしますね。なので、どうか変わらず、お付き合いの程よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\こ れ で 終 わ る と 思 っ た か/

はい。ずいぶんと下までありがとうございます。ここから先はあんまり気持ちの良い話ではないのでお気をつけ下さい。

研究ができる環境が無くなってしまいました。ということは、研究を続けることができません。ということは、現役研究者ではなくなります。ということは、研究キャリアが途絶えてしまいます。ということは、アカポスへの希望も途絶えてしまします。

B4の頃に「研究を生業としよう、それでたとえ餓死しても後悔するまい」と決意してから10年弱経ちます。それからいろいろと状況が変わって、安易にしぬこともできなくなってしまって、今に至ります。自分で決めたことはいえ、死ぬ前に後悔しなきゃいけないポイントを自ら増やすのは結構つらいものがあります(実際は結構つらいどころか、声を上げながら泣き暮らすレベルなんですけども、社会的にあれなので外ではすました顔をしています)。

で、泣きながらなにがつらいのか突き詰めて考えた結果、アカデミアを去るのが嫌な二大理由が「今まで頑張ってきたことを無駄にしたくない」と「アカデミアの皆さんと離れたくない」ということであることがはっきりしてきました。前者はまぁ、私個人の問題で、気持ちのもちようなのでどうにかします。後者は、私にはどうしようもないことですが、私がこうなることで離れていく人たちは所詮その程度の関係性だったのだと思うので、失っても大したことはないのかもしれないと思っています。

研究をしてきたところはどこも本当に素晴らしくて、アカデミアが好きであることには変わりがありません(構成する人たちすべてが好きだというわけではないけど)。でも、「結局受け入れてはもらえなかった」「夢を諦めなければならなかった」という事実があるわけで、気を抜いた瞬間に怨嗟が沸き上がってのまれそうな心持ちになってしまいそうなことがあります。これを許してしまうと途端にアカデミアに恨み辛みを吐いて殲滅せんとするどうしようもない存在に成り下がってしまうので、なんとか抑え込んで生きたいと思います。

「なんで研究がしたかったのか」というところまで振り返って「自分のしたいこと」をレベルゼロで考えると、つまるところ

「世界はすばらしいよね」

と言っていたかっただけなのです。その手段として研究を選んで、今までやってきた訳なのですが、たぶん他の手段でも実現可能なんだろうと思います。それは、変なものを作って笑ってもらったり、誰かに話を聞いて他の人に紹介する、ということでもきっといいはずだと思うのです。

あと、周りの人たちを見ていると、アカデミアのお仕事はもれなく激務で、念願叶って手に入ったとしてもついていけるのか、研究をする余地はあるのか、と不安に思ったからです。私よりずっと優秀な方々でさえそうなので、私は早々についていけなくなるんじゃないか、と。じゃあ在野の方が意外に進んだりするんじゃないの、と思ってみたり。在野研究者の研究環境の確保について、取り組んでもいいかもしれません。

という風に絶賛自分で自分を納得させる作業に忙しい昨今ですが、悔しい思いを抱えたまま、その気持ちを抱えた人のこともわかるように、アカデミアの外側から研究を愛するようなお仕事をしたいと思います。それが、レベルゼロの目的を果たすことができると信じつつ。具体的には、私みたいなポスドク~博士課程・修士課程の学生がアカデミア外にお仕事を求める際のお手伝いをできたら、と考えています。アカデミアと対立するのではなく、選択肢としてそれ以外もありではないですか、どうですか、と働きかける程度ですけども(たぶんそれ以上のことはできない気がします)。これに関連した活動は、もう明日から始めようと思っているので、ご興味のある方はしばらく見守っていて下さい。

 

\ いきる /

関連記事

  1. 2016.04.07

    20160407
  2. 2014.09.16

    20140916
  3. 2013.01.29

    待ちぼうけ
ページ上部へ戻る