日本語版it’s ok to say what’s ok

こんにちは。お休みなので変な時間にポストしてみます。

この間良い物を見つけました。

It’s ok to say what’s ok

リンク先に飛んでいって頂けるとわかるように、イギリスのGDS(ものすごく新入社員が多いそうです)のスタッフが作った、「何をしてもいいか」のポスターです。新入社員が多いと、仕事に必要なオフィシャルなこと(プリンタの使い方など)を伝達しなければいけません。ただ、何がOKで何がNGなのか、という働き方における非公式なルールを新入社員に伝えるのは結構難しいそうです。

奇しくも同じようなタイミングで、私も新入社員として過ごしております。公的なことに関しては研修を受けて理解したものの、おやつ食べていいのか、とか、そういった細かい非公式なことはいわゆる「空気を読む」ことでしかわかりません。また「新入社員かくあるべし」のような、一部にしか適用されない特有の空気もあったりして、混乱しておりました。こんな風に「これはしてもいいです」と明文化されていると、とても働きやすいのに、と思い、こちらの英語ポスターを訳してみたのが以下のPDFです。

日本語版 it’s ok to say what’s ok

訳が拙い上に間違ってる可能性があるのですが、適宜付け加えて職場に貼ることで環境改善につながるのではないかと思っております。
まぁ、こちらだと明文化されていても建前だと認識されてしまったり、実態と乖離してたら意味が無いんですが。

関連記事

  1. 2014.07.11

    20140711
  2. 2016.04.07

    20160407
  3. 2014.10.06

    20141006
ページ上部へ戻る