科学新聞さんに月刊ポスドクを取り上げてもらいました

dsc_1934

9/23(金)発行の科学新聞第二面に月刊ポスドクの記事が載りました。
奇しくも第一面も若手研究者の前途に関する記事で、微妙にリンクする形になったわけですが。
その裏側で能天気に「楽しい研究ライフを」と謳っています。

%e7%a7%91%e5%ad%a6%e6%96%b0%e8%81%9e_%e6%9c%88%e3%83%9d%e3%82%b9%e8%a8%98%e4%ba%8b

この間記者さんと知り合いまして、文科省内にある記者クラブというところに伺ってお話してきました。
写真で冊子を抱えているのが私です(ホントは顔写真も、ということだったのですが、顔出しNGということで)。
私自身もいろいろ聴いて頂いて面白かったのですが、こちらの編集長の方に科研費の仕組みなどについても
教えて頂いて、あまりに知らないことばかりだなぁと感じておりました。
思ったよりいろいろできることはあるのかもしれないよ。

専門紙と呼ばれる新聞のため、その辺で売っていないのですが、大きな図書館などで購読している場合が
ありますので、興味のある方は是非探してみて下さい。
最新の論文情報や、科研費を含めた学術的な資金の動きなどの最新情報が書いてあります。
この号は生化学会直前号らしく、その特集もあります。

関連記事

  1. 2016.07.28

    夏コミ進捗
  2. 2014.07.11

    20140711
ページ上部へ戻る