2016年を振り返る

年末くらいはブログを書いて締めくくりたいので、
いつものように一ヶ月ずつ振り返りたいと思います。

1月
まだ明治大学でポスドクをやっています。
ちょこちょこ就職に向けてコマを進めています。
非常勤をこなしたり、冬コミの後片付けをしたりしてました。

2月
米津さんのライブに行きました。とても良かったです。
就職関連でまだ動いています。揺れていた頃ですね。

3月
カレンダーにほとんど予定が書いてありません。
(これはカレンダーを見て思いだして書いてます)
任期最後の月なので、片付けをしていました。
内定もこの頃に出たんだっけな?

4月
常勤の職が無い月だったので、いつもより多めに東大の方に行っていました。
シーヒーラベルを作ったり、映画の日本語字幕を作ったり。
スペルベルの講演会にも行きました。
フリーターを謳歌していた感じです。

5月
とある会社に入って、その週でちょっと無理だな、と思って
出てきました。
人には向き不向きがあるということを学びました。

6月
今いる会社で働き始めました。
最初のうちはできることがあまりなくて、
分析のお手伝いとか、打ち合わせに着いていったりとか、
オフィスにソファが欲しいと言って買ってもらったりしました。
(まだあんまり座ってない)

7月
だんだんお仕事が増えてきます。
大阪への出張ついでに関学に突撃訪問したりしてましたね。懐かしい。
夏コミのネタ集めとしてToiToiToiさんのところにも突撃したり、と
突撃続きの月でした。

8月
この月はサイエンスカフェを2件ハシゴしています。
どちらもとても面白かったです。
あとは仕事で初めての調査をしたり、本格的にお仕事にコミットし始めています。

9月
もうすぐ非常勤が始まってしまう…と戦々恐々しながら増えてゆくお仕事に
対応する日々でした。そんな中でも横浜に遊びにいったり、科学新聞さんの
取材を受けたり。
あと大阪→札幌→東京3日間の旅という強行スケジュールにもチャレンジしました。
もうやらない。

10月
9月後半から始まった週3コマの非常勤の重みに耐えながら、お仕事をこなします。
耐えきれずに月の中盤に風邪をひいて倒れますが、軽症でかわすことができました。
そして怒濤の調査ラッシュも始まり、社内全体で体調を崩す人たちが続出した時期でもありました。

11月
調査ラッシュがおさまった…と思ったら納品ラッシュが来て、これはこれで大変でした。
文学フリマに出展したら予想以上に売れたのでびっくりしたりもしました。

12月
穏やかにお仕事をこなしつつ、脳内はほぼずっと冬コミ原稿のことしか考えてませんでした。
おかげさまで本日無事に頒布を行うことができました。やれやれ。

というわけで、今年もまぁなんとかやっていくことができました。
皆様の然るべきタイミングにおける然るべきご支援、本当にありがとうございます。
特に春頃アカデミアから去ることに対してだいぶ精神的に不安定になっていたので、
その頃に八つ当たりをしてしまった某方面の方々には大変申し訳ございませんでした。
割と忘れっぽいので(大切なこともそうでないことも)、今はある程度レベルアップして
冷静に考えることができています。
この年でも考え方はぐいぐい変わるのだな、変えられるのだな、と救われたような思いも、少しします。
今の職場は活動の自由度が非常に高いので、いろいろと手を出していきたいと思います。
(すでにいくつか出してしまっていますが、それはまた追々お話しますね)

そして、今年は大厄の年でもありました。
大厄に相当することは起きてると言えば起きてるのかもしれませんが、
個人的には(すでに忘れているので)あまり悪い年という感じはしませんでした。
来年も困ったことはあまり起きて欲しくないなぁと思います。

一つ心残りなのは、平田(2016)が発行できなかった(論文が出せなかった)ことでしょうか。
これはひとえに準備中のまま止めてしまっている私が悪いので、
がんばれ、すごくがんばれ、としか言えません。

今年もこちらのブログやTwitter、そして生身の私自身に
さまざまなご支援を賜りまして、誠にありがとうございました。
もう少し更新頻度を上げたいところですが、もしかしたら社内ブログができたら
そちらで跳んだりはねたりしているかもしれません。
よろしければそちらもどうぞ(現在ホームページは改装準備中です)。

来年も皆様にとってよりよい年でありますように。

関連記事

  1. 2014.12.31

    20141231
  2. 2014.08.25

    20140825
  3. 2014.07.16

    20140716
  4. 2017.04.08

    新年度
ページ上部へ戻る