第2回若手科学者サミットに行ってきました

行ってきましたというか、出ていましたというか。
若手アカデミーメンバーとして最初の仕事です。

若手科学者サミットというのは、若手アカデミーの中の若手研究者ネットワーク分科会(というグループがあります)が主催するイベントです。
昨年から始まった物で、今年は
・各分野の若手研究者たちによる口頭発表
・各学会の若手の会が、各会の研究内容や活動を紹介するポスターセッション
・私がパネリストとして参加したパネルセッション「若手研究者と研究費」
の3部構成でした。

参加者は50名プラス若手アカデミーメンバーだったので、だいたい60名くらいだったでしょうか。
プログラムの確定が結構ギリギリだったようなので、宣伝を行き渡らせる時間的余裕がなかったのかもしれません。

パネルディスカッションには、文部科学省の職員の方が3名、パネリストとして来てくださりました。通常であればこういうところで役所の方が発言するのは結構大変というか、文句ばかり言われてしまう立場になるので、来たくないのだろうということは推察できるのですが、それを分かってなお来てくださるとても勇気のあるお三方でした。
私は民間(非アカデミア)から一名、というスタンス(のはず)だったのですが、民間になってまだ日が浅く、考え方も定着していない上に大学の運営にもしっかり携わってないのでアカデミアの状況も十分に理解していない、というちょっと中途半端な立ち位置になってしまいました。とりあえず現状の悩みとして「有期雇用者や所属のない人も科研費出したいんだけど」ということを軸に話しました。
まぁでも中心となるのはやっぱりアカデミアサイドですよねーということで、あんまり発言機会は無く。研究費不正や科研費制度に関する情報伝達、運営交付金の話などを中心に議論がなされていました。

話題のローカルルールに関する話は、「事務の人は会計検査院が怖いので、保守的にならざるを得ないのです」という意見がありました。一つスライドさせると「研究者は事務の人が怖いので、そのまま従っているのです」ということになるのではないかしら、と思っていました。それで、巡り巡って保守レースになってしまうのだと。一つの解決策として、事務の人がおかしな基準で動いていたら、研究者側から会計検査院に申し出ることができるそうです(ご意見窓口があります)。会計検査院もおかしな指摘はできないし、したくないはずなので、理不尽なケースに遭遇したら、まず会計検査院に言ってみる、というのも一つの手かもしれません。
会計検査院の情報提供窓口はこちら→https://www.jbaudit.go.jp/form/information/index.html
ただ、即座に反応できるわけではないので、長期戦になりますが…事務の人に「会計検査院に問い合わせてください」とお願いするのもありかもしれませんね。誰にも届かない文句を言ってるだけでは、おそらく何も解決しないのだと思います。

また、科研費の区分変更(若手Aが廃止され、基盤Bへ。経過措置有り)についても議論がありました。この件に関しては、「こういった研究費に関する情報を伝達するには、どういったところに流せばいいのか」という質問もありました。研究者は日頃何を見てるんですか?ということですね。私はツイ廃なので、「Twitterに横のつながり多いですよ」と言おうかと思いましたが、一般的なのかよくわからなかったので静かにしてました。結局メールとかになったんだったかな…(覚えていない)過去の申請者含めて年齢とかデータベースになってるはずなので、該当する年齢の人に「科研費、若手Aやめるってさ」ってメールを送ればいいような気がするんですが、どうなんでしょうね。メール見ないのかな。あとはSNSのアルファーな方に広めてもらうとか。結局こういう情報って上から下に流すのではなくて、横方向が一番速い気がします。

運営交付金についても議論がありました。が、私がそもそも運営交付金の仕組みをよくわかっていなくて議論についていけてなかったように思います。大学運営を知らないとこうなる。とりあえず「大学から事務の人とかを減らすと先生がしぬのでやめてほしい。研究費は時間と熱意のある若い人に優先で撒いたらいいと思う」とかよくわからないことを口走っていた記憶があります。熱意って。

あとは研究費不正とその代償であるルール厳格化について。割とばかばかしいルールがたくさんあって、学内でそれを守るのはいいとして、招聘したい人にもそのルールが適用されるのはホントに失礼だからやめたい、というご意見がありました。あと、ルール厳格化したけど、そのルールでホントに不正防止できるの?というルール、パフォーマンスとしてだけのルールであれば意味が無いのでは、という意見も。これに対しては「研究費不正によって、社会全体の研究者への信用が失墜してしまうことを意識して欲しい」ということと、このルール自体は大学独自のローカルな物なので、「研究者・事務・執行部」がしっかりコミュニケーションすることで、状況が改善するのではないか、という結論に落ち着きました。確かに、研究費不正は国のお金を私物化しているわけですから、二度と起こってはならないわけです。真面目にされている方々にとっては完全にとばっちりですけども、信用回復にはそれなりの行動で示していくしかないのかもしれません。

と、簡単にまとめてみました。やはり1時間40分はなかなか短くて、フロアからもたくさんご意見が来ていたみたいですがあまり聞けなくて残念です。司会の住井さんはこんなに大勢のパネリスト(総勢7名)を上手くとりまとめてくださって、大変だったと思います。おつかれさまでした。

懇親会はひたすらごはんが出てくるところでした。ごはんが残ってると「早く食べてー」と急かされてお皿をさげられてしまう感じです。2時間ずっと食べっぱなしだった気がします。席を移動しなかったので、固定メンバーでずっとしゃべっていましたが、いろいろ面白いことが聴けて良かったです。若手アカデミーの人たちは社交性ステータスが高めの人たちばかりなので、私も懇親会でばりばり席を移動していろんな人と話せるようになりたいものです(まず顔と名前を覚えるスキルをどうにかしたい)(一回やそこらでは難しい)。

ともかく、いろいろ勉強になった会でした(勉強の必要性を感じた会とも言う)。今度は若手の会の皆さんに運営ノウハウとか訊いてみたいなと思ってます。インタビューとか行ってもいいのかしら。慣れてきたら活動の主催にも携われるようになりたいです。事務的な作業がしぬほど大変そうな予感がしますが。

関連記事

  1. 2014.09.16

    20140916
  2. 2014.07.15

    20140715
  3. 2014.08.25

    20140825
ページ上部へ戻る