まとまった文章を書く

我ながらひどいタイトルだなと思いつつ、書き始めてみます。最近もっぱらTwitterにかまけていて、時間を取って文章を書くことが少なくなってしまっているのをひしひしと感じます。同じように本も読めなくなっている気がします。

そうなると、どうなるのかというと、月一のコラムくらいしかまとまった文章を書くことがなくなるので、文章が書けなくなるんですね…論文とかそういった質の高い文章を書くとかいう以前に、まとまったモノを書く体力が無くなってしまう。それは結構まずいことのように思うので、書いておこうと思ったわけです。

例えば通勤時間などのスキマ時間にちょこちょこ書きためる、ということもできなくはないのですが、朝の通勤は端末を取り出すことも憚られる程度の混みっぷりですし、帰りは帰りでまとまった文を打つ気力すらない、という感じなので、時間の活用がうまくできないのです(Twitterはできる)。ちなみに、今この時間は何かというと、朝の支度をしたはいいものの、微妙にラッシュが一番キツい時間帯になってしまったので、意図的に出社を遅らせているという「待ち」の時間です。こういう時間が一番集中できますね。

先週「博士キャリアの可能性」というシンポジウムを終えて、ちょっとやる気を使い果たした感じになっています。諸々後片付けが滞っており申し訳ないです。ちょうど何かをする気にもならないし、かといって頭は回り続けるので、負荷軽減のためにもアウトプットしていった方が良いのだろうと考えて、まとまった文章として吐きだしていくことにしようと思っています。今のこととか、昔のこととか、明日のこととか。

博士キャリアシンポジウム、本当にありがとうございました。誰かの役に立てたのかなぁとぼんやり思いながらその後過ごしています。シンポ中に「博士取って民間で過ごしている方々は、一般の方に溶け込んで存在感があんましない、もっと発信して欲しい」という趣旨の発言をしましたが、ぶっちゃけこちら側としては発信することのメリットがほとんど無いんですよね。アカデミアに貢献したところで、何か良いことがあるわけでもないし、いまさら戻れるわけでもないし、感謝されるわけでもない。それでもさらけ出して下さる方の勇気と利他の精神にはこころから敬意と賛同を感じるのですが。手応えがない、誰かが助かった、ということを聞かない、届いて欲しい大学院生には届いている気配がない、という状態が長く続くと、徒労感だけが募っていく、というあまり良くない状態になりがちです。過去のキャリア支援が短期的な物で終わってしまっているの、業績がでないからなのかな、とも思えてしまいます。

私も在学当時は非アカデミアに特に興味が無かったので、興味が無い(あるいは、知りたくなどない)ということに対して理解はできるのですが、今結構就職するには時期的に良いというか、良い流れが来ているので、逃すのはもったいないのでは、とこちら側からは思っています。そう、就職はスキルでも実力でもなく、ただただその時の需要と供給(運ともいう)と相性に左右されるのだということが、なんとなくわかるようになりました。まぁ、動くかどうかはご本人次第なので、あまり気にしない方がいいのかもしれません。私も全ての責任は持てないです。

まとまった文章をかく、と言いつつまとまりがなくなっています。最初からこうなることは予期していました(ゴールを見定めず書き始めた)。ともあれ、博士キャリア支援活動も次のフェイズに行きたいと思っています。一つは各大学のキャリアセンターが大学院生のキャリア支援面で機能しているのか否か、という調査と、「研究を職としないこと」に対してどういう風に折り合いを付けていく、というか、どういう意味の転回が起こったんですか、という事例を集めていきたいです。後者はもうホントに個人的な興味です。10名分くらいまとまったら本にしたいですね。

こないだ学会で発表してたら、「これは、趣味の研究ですか」と言われて(今は本職が研究職ではないので)、割とカティンときたのをまだ覚えている(根に持つ方です)。職でなければ全部趣味なのか…院生の研究も全部趣味なのかYO、と思ってました。職じゃない研究の方がバイタリティ高くない?

この記事をシェアする

関連記事

  1. 2014.08.19

    20140819
ページ上部へ戻る