研究者に100の質問 答えてみた

「研究者に100の質問」

Q1 年齢はおいくつですか?
さんじゅーです。

Q2 若手研究者ですか?
まだ大丈夫だと思います。

Q3 若手って何歳くらいまでだと思いますか?
40手前くらいではないでしょうか。
たぶんどんどん先延ばしされてゆくのだと思いますが。

Q4 ご出身はどちらですか?
いつも定義が不明瞭なので困るんですけど、北大阪ということにしといてください。

Q5 いわゆる帰国学生(大学入学以前に2年以上海外に滞在したことがある)ですか?
はい。ギリギリですが。ドイツ(9~11歳)です。

Q6 英語は得意ですか?
それっぽい発音ができるので得意に見られがちですが、文法・作文方面がからきしです。

Q7 ご専門は何ですか?(○○学、など簡単に)
認知心理学、認知科学です。

Q8 科研費番号はお持ちですか?
持ってます。去年やっともらいました。

Q9 現在一番興味のある研究トピックを1行以内で教えて下さい。
言語コミュニケーションにおけるオノマトペの効果(特に印象形成において)

Q10 一般の方向けにご自身の研究テーマを1行以内で説明してみてください。
擬音語・擬態語が他の言葉とどのように違うのか、日常会話で使用することでどんな印象を与えるのか、を調べています。

Q11 自由時間は何をされますか?(研究活動は除く)
ゲームしたり、本読んだり、ひつじさんとでかけたりします。

Q12 一日のうち研究に専念できる時間はどれくらいですか?
起きてから家事以外の時間ほぼ全てです。

Q13 研究時間は足りてますか?
時間は足りてると思います。使い方はあまりよろしくないと思ってます。

Q14 研究費は足りていますか?
今年度はありがたくも学内研究費を頂きました。
未だに使い方がよくわかっておらず、払えるところを私費で出していたりするので
足りてるのかよくわかりません。

Q15 大学や研究所などの研究機関に所属していますか?
明治大学やその他非常勤でいくつかの機関にお世話になっております。

Q16 現在の職は常勤職ですか?非常勤職ですか?
全て非常勤職のため、絶賛就活中です。

Q17 現在のポストを得るために、行ったことは何ですか?
現在のポストに関しては幸運にもお声をかけて頂いたのが大きいです。
声をかけて頂くにしても存在がそもそも認識されていなければできないと思うので、
とりあえず存在アピールでしょうか。

Q18 現在のポストの良いところは何ですか?
研究に専念できるところです。

Q19 現在のポストの良くないところは何ですか?
あと1年しかいられないことです。

Q20 研究に関して気軽に議論ができる相手は身近にいますか?
自分の研究テーマドンピシャの議論はいませんが(いるけど忙しそうで声をかけにくい)
大きく「研究について」ならついったー上にたくさんいらっしゃいます。良い時代ですね。

Q21 研究に関してSNSなどのインターネット上で議論を行うことはありますか?
頭の回転が遅く、口頭議論だと生産性の高い議論が難しいので、メールやSNSの方が
落ち着いて議論ができる気がします。

Q22 将来不安なことはありますか?あれば、それは何ですか?
所属するところが無くなってしまって、研究が続けられなくなってしまうことです。
そうなってしまったら、それはそれで仕方がない、とも思っています。

Q23 職業柄、ついついしてしまうことはありますか?
変な言葉とか、オノマトペがあったら写真を撮ります。
論文じゃない文章でも展開が「序論方法結果考察」になることがあります。

Q24 出張の時に必ず持って行く物は何ですか?
読む本あるいはタブレット(電子書籍を読むため)、モバイルバッテリー。

Q25 論文は紙で読む派ですか?電子媒体で読む派ですか?
ちょっとチェックするする程度であればpdfですが、読み込む場合は
かめふじ式に印刷・ファイリングしてゆっくり読みます。

Q26 論文の管理はどのようにしていますか?
最適解ではないとは思いつつもMendeleyとDropboxを使っています。
Duplicateがひどいことになっているので、そろそろ掃除しないとまずいです。

Q27 月々の書籍代(私費)はどれくらいですか?(漫画含む)
研究に関わる物・関わらない物一緒くたに私費で買ってるので、
数万くらいだと思います。

Q28 服装にはこだわりますか?
あんましこだわりません。院生時代からほとんど格好が変わっていません。

Q29 徹夜はできますか?
精神的に無理です。コスパもよろしくないですし、しないことにしています。

Q30 忙しくなってもこれだけは削れない、というものはありますか?
ごはんを食べる。最低限寝る。過度のトンネリングは失う物も多いです。

Q31 論文を書くのは好きですか?
ううーん、好きですが、うまくありません。

Q32 論文を書く時に、自分なりにしている工夫はありますか?
〆切を作って、それを絶対に守る(守れないこともありますが)。
その日の作業量(タイプ数とか)を可視化して、自己満足する。
作業を分割して、タスクリストにする。
これらはたくさん書くためのハウツー本に載っていた物をそのまま採用してます。

Q33 データ分析や論文を読むなどの作業をする際に、音楽を聴きますか?
データ整理の時などは単純作業が多くなるので、聴いてます。
論文を読むときは、あんまり聴きません。
論文を書く時は、離席防止&集中のため聴くことが多いです。

Q34 視力は良いですか?
幼少時からずっとよくないです。

Q35 これをやったら劇的に視力が下がった、などのイベントはありましたか?
昔からずっと悪くて、じりじり下がってきているので、特にこれのせい、という出来事はありません。
プログラミングで視力が下がった、という話はきいたことがあります。

Q36 視力を守るために気をつけていることはありますか?
あんまりありません…暗いところで何か読んだりしないようにはしています。

Q37 自炊(ごはん)はしますか?
ごはん係なので、ほぼ毎日しています。

Q38 体調を崩さないために、食事で気をつけていることはありますか?
野菜を意識的に食べるようにしてます。関東に来てから味付けが濃くなりがちな
気がするので、あまり濃くならないようにしたいです。

Q39 おすすめレシピを教えて下さい。
鶏ハム。鶏むね肉に塩麹をすり込んでラップで包んで12時間冷蔵庫で放置。
(真ん中に切り込みを入れて、中にすり込むとベター)
12時間経ったらそのまま沸騰したお湯に入れて15分ゆでて、2~3時間放置。
切り分けてできあがりです。お弁当によくいれます。

Q40 自炊(書籍をスキャンし、電子書籍にする)はしますか?
します。結構昔からやってます。

Q41 スキャナーは自宅にありますか?
ScanSnap iX500があります。いつもお世話になっております。

Q42 自前の裁断機はお持ちですか?
今まではスライドカッターを駆使していますが、こないだ買いました。
でかいので置く場所にやや困っています。

Q43 学会発表は口頭発表とポスター発表、どちらが好きですか?
コメントもらえる率はポスターの方が高い気がするので、ポスターです。

Q44 学会発表でやらかしてしまったことがはありますか?あれば教えて下さい。
自宅から学会会場に移動する際に、ポスター筒を忘れて遅刻しました。
(普段は出張先から会場に移動するので、学会という感じがしていなかった)

Q45 口頭発表で気をつけていることはありますか?
口頭発表はとにかく時間が限られているので、言いたいことをコンパクトに
まとめられるよう話の流れなどを気をつけます。

Q46 ポスター発表で気をつけていることはありますか?
ポスターは口頭で補足できることが多いので、字をなるべく少なく大きく読みやすく、
あとできたら実験時の動画なども持って行くようにしてます。

Q47 学会に行くときに服装で失敗したことはありますか?あればそのエピソードを教えて下さい。
自分の専門分野の学会は大体つかめるので、失敗したことはありませんが、
方言研究会にラフな格好で行ったら周りがほぼスーツで恥ずかしい思いをしました。

Q48 学会の懇親会はどのように過ごしますか?
自分が発表した学会の懇親会は必ず出る、という自分ルールがあるので、
それに従って出たり出なかったりします。知っている人がいれば
その人と過ごすことが多いですが、知ってる人がいない場合は
隅っこでごはん食べてます。

Q49 学会発表で質問したら、こちらの意図とは異なる回答を受け取った場合、どうしますか?
その場ではあまり深入りしません。質疑後に話せるようであれば補足的に話すかもしれません。
あるいは後日メールすると思います。

Q50 論文の査読をしたことがありますか?
ちょっとだけですが、あります。

Q51 論文の査読で、困ったことはありますか?
コメントしたところが修正されてなかったり、コメントがそもそも通じてなかったりするのは
困ります。

Q52 論文の査読で、良かったことはありますか?
まだ世に出てない新しい知見をフライングで覗けるのはわくわくしますね。

Q53 論文の打率([論文採択数/論文総投稿数]×100)は大体どれくらいですか?
あんまり厳密に数えたことはないのですが、まだまだ総投稿数が少ないので、
3~4割程度だと思います。

Q54 自分の論文が不採択だったとき、どんなことをすると元気が出ますか?
すぐ再投稿に回せたらよいのですが、大抵しばらく時間を置きます。
他にできることを進めておくうちにやる気が出たりします。

Q55 ご専門の学問は、科学に該当しますか?
心理学の全てがそれではないですが、現在の専門に限れば、該当します。
私個人としては科学であるかないか、は特に大きな問題ではないと思っています。
(科学を騙る知識はダメだと思いますが)

Q56 科学とは、何だと思いますか?
いろんな定義がありますが、「あらゆる人が共有できる世界の新しいルール(条件つき)を、
みんなで探す学問」だと思います。

Q57 研究とは、何だと思いますか?
過去の知識を尊び、自分で新しく発見したことを、その知識群の仲間にさせてもらう一連の営みだと思います。

Q58 研究者とは、何を行う人だと思いますか?
研究を生き様とし、そのように生きる全ての人だと思います。

Q59 研究をしていて、嬉しくなるのはどんなときですか?
新しいことが(小さくても)わかったり、自分の知りたいことの糸口に
なりそうな知見が見つかったときは、うれしくて本当に涙が出ます。

Q60 研究をしていて、悲しくなるのはどんなときですか?
研究に携わるひとたちが辛そうにしていたり、権威や欲望に負けてしまった
研究者を見るときです。最近ちょっと多いです。

Q61 他の人(研究者以外の人)がうらやましくなったりすることはありますか?
あまりありません。金銭的に安定しているのはちょっとうらやましくなったりします。

Q62 研究者の道を進んだことを、後悔したことはありますか?
何回もあります。でも、他の道に進んだところで確実に最後に後悔すると思います。

Q63 ご自身の研究は、どんな風に世界を変えると思いますか?
すごくうまくいけば、ですが、人がもう少し優しくなると思います。

Q64 ご自身の研究の、最終目標(最も知りたいこと)は何ですか?
言葉はどうやって伝わるんだろう、どうしたらよりよく伝わるだろう、
言葉が、何かが、意味を持つとはどういうことだろう、ということです。

Q65 初めて研究というものに触れたのは、いつ頃で、どんなものでしたか?
B3で初めて心理学関連の論文を読んだときではないかなぁと思います。
実はあまり覚えていません。

Q66 卒業論文の思い出を教えて下さい。
ゼミ内で唯一院進学する予定だったので、変に気負って先輩に頼っちゃダメだ、と
思い込んでいて、結局あまり良い物を残せなかったので、辛かったです。
ゼミのメンバーが皆やる気のある人たちばかりで、とても環境が良かったのが
印象に残ってます。

Q67 修士論文の思い出を教えて下さい。
卒論で懲りたので、いろんな方に読んでもらったり同期と自主的に進捗報告会を
やったりしてました。一番楽しかったかもしれません。
修論発表会の資料集の表紙を作るのを頑張りました。

Q68 博士論文の思い出を教えて下さい。
博論の提出要件が最後の最後まで不明のままで、なんだかよくわからないまま
今までの研究をかき集めてまとめて出した、という達成感も何も無いような
感じでした。製本時(ハードカバー)に学科名を間違えて数冊無駄にするという
どうでもいいミスを最後にやらかしました。

Q69 研究者として生きることを決めたのは、いつ頃でしたか?
B4の時に院進学を決めたのと同じ頃です。

Q70 研究活動に関して、ご家族から理解は得られていますか?
配偶者からは活動自体に関しては多大な理解を得ています。
(研究内容についてはほとんど知りません)

Q71 研究者に必要な物を3つ挙げるとしたら、何ですか?
粘り強さ・反応の早さ・ある程度の楽観さ、でしょうか。

Q72 ご自身が知りたいこと・今後の研究のために、今の専門分野以外の知識が必要だと感じますか?
すごくたくさん必要だと思っているので、少しずつ手を広げています。

Q73 分野の異なる研究者と意見交換をする機会はありますか?
むしろ、分野が同じ人と意見交換をする機会があまりありません。
珍しいのかもしれません。

Q74 共同研究をしたことはありますか?それは、同じ分野の研究者?異分野の研究者?
異なる分野の方としか共同研究をしたことがありません。
同じ分野ではあんまり組むメリットが無いような気がします。

Q75 周りの学生が「研究者になりたい」と言っていたら、どのようにアドバイスしますか?
やりたいことがどうしても趣味の範囲でできないようであれば、
進学するしかないかもしれないね、と言います。

Q76 定期的な運動はしますか?
しません。ずっとしなきゃいけないとは思ってます。
通勤時の徒歩(往復30分程度)くらいです。

Q77 ご自身の体力に対する自信のほどを教えて下さい。
全然ありません。精神力は体力ベースだとよく聞くので、
せめて衰えないようにしたいのですが…

Q78 運動をしていることで研究に影響はありますか(あると思いますか)?
身体に影響があるのであれば、思考にもある程度影響すると思います。

Q79 平日はどれくらい睡眠を取りますか?
5時間強くらいです。週の中盤あたりがつらいです。

Q80 休日はどれくらい睡眠を取りますか?
7時間~11時間くらいです。さすがに正午回るまでには起きます。

Q81 よく眠れますか?
基本的によく眠れますが、最近気温の変化が著しいので暑くて起きたりしてます。

Q82 ご自身のウェブサイトはお持ちですか?
あります。業績とか、その他の活動について載せてます。

Q83 ブログを書いていらっしゃいますか?
書いてます。ログは公開していませんが、ブログ自体はB4から研究メインの物を
書いています。

Q84 SNS(Twitter, Facebookなど)を使用されていますか?
どちらもやってます。もっぱらTwitterですが。
顔本はあんまりみてません。

Q85 SNSやウェブサイト・ブログなどを通じて、他の研究者と知り合ったことなどはありますか?
Twitter経由でいろんな方々と仲良くさせて頂いております。
ありがたいことです。

Q86 研究室・自宅の書斎の椅子はどんなものですか?こだわりますか?
研究室のはよくわからないです(肘掛け付きの、くるくる回るタイプのです)。
自宅のはIKEAで買ったピンクの椅子です。こだわりたいのですが、こだわると
すごく高くなるので困っています。

Q87 最近スタンディングデスク(立ったままPC作業を行うための机)が流行りですが、どう思われますか?
やってみたいのですが、先述の通り体力に自信が無いので、
デスクから遠ざかってしまう可能性が高いです。
あとセッティングにいくらか投資が必要ですよね。

Q88 デスクワーク中に飲み物を飲みますか?
研究室にいるときは、お湯(わかしたもの)を飲んでます。
お茶を入れればいいのですが、めんどくさがりなので。
おやつを食べるときだけコーヒーか紅茶を入れます。

Q89 コーヒーと紅茶、どちらがお好きですか?
あまり濃すぎないコーヒーが好きです。
紅茶は以前は嫌いだったのですが、イギリス行ってから好きになりました。

Q90 甘い物はお好きですか?
\大好きです/チョコレートが特に好きです。

Q91 お酒はお好きですか?
アルコールの匂いが好きではありません。
甘いお酒なら飲みますが、ソフトドリンクの方が好きです。

Q92 飲み会で研究の話をされますか?
他に何の話をすればよいのですか。

Q93 飲み会での話がきっかけとなって、共同研究などに発展したことはありますか?
飲み会で話したことをあまり覚えていられないので、
いまのところありません…たぶん…

Q94 メールはすぐ返しますか?決まった時間にまとめて返しますか?
平日はなるべくすぐ返すようにしてます。が、その時の気分によるので
気分がのらないときはまとめて返したりします。

Q95 研究で行き詰まったり、困ったときは誰に相談しますか?
知ってそうなTwitterのフォロワーさんに相談させて頂いたりします。
あとは知り合いにメールしたり、ボスに相談したり、など。

Q96 同期の活躍は気になりますか?
気にならなくはないですが、元気にやってたらそれで良いかな、と思います。

Q97 信頼できる先輩はいますか?
少ないながら、います。ありがたいです。
これからも、追いかけてゆきます。

Q98 頼もしい後輩はいますか?
なかなか会えませんが、数名、います。みんながんばれ。

Q99 研究者になっていなかったら、何をしていたと思いますか?
書き物とか言葉関連のお仕事をしてたのではないかな、と思います。
そして、きっとへんなものを作っているのでしょう。

Q100 明日、ご自身の最終目標であった謎があっさり解明されてしまったら、どうしますか?
たぶんそんなことはないのだろうと思いますが、
存在意義が無くなるので、研究者をやめるかどうか、考えるのだろうと思います。

お疲れさまでした!(本当に疲れた)
後半だんだん回答がおざなりになってくるのも、100の質問にありがちなパターンですね。
これ、誰か他に答えてくれるのかな…
(研究者はそもそもそんな暇では無いということを失念していました)

関連記事

  1. 2013.10.27

    ACIS2013&HCS11月

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る