JSAI2012 press release「本当に関西の人はオノマトペをよく使うの?」

 

 

 

お久しぶりです。直前のお知らせになってしまい申し訳ございません。

明日12日・13日の二日間、JSAI2012(人工知能学会第26回大会)で

オノマトペに関する発表を行います。タイトルは

「オノマトペに対する意識の地域差比較」です。

他の方々のご発表に関しては以下のアドレスをご覧下さい。

http://tkomat-lab.com/jsai2012/index.html

 

昨年私がオノマトペハンターに関する研究を発表した場の

今年度バージョンです。今年はウェブで行った大規模調査の

結果をご報告します。

オノマトペ友の会にたびたび寄せられる質問(一般の方々からの)に

「どうして関西の人たちはオノマトペをよく使うの?」というものがあります。

ただ、これは通説として信じられているだけなのかもしれません。

では本当に他の地域と比べて関西の方がオノマトペをよく使っているの?

ということをダイレクトに訊いてみました。

また、「関西の人はオノマトペをよく使う」信念自体も本当に存在するのか?

そしてその原因とは?

結果は明日のお楽しみということで。

興味を持たれた方で現地にいらっしゃらない方はUstreamの方を

是非チェックしてみて下さい。

http://www.ustream.tv/channel/jsai2012-onomatope

本研究の出番は12:10~12:30の予定です。

また私自身はその次の発表にも少し登場します。

次の発表は国会会議録のオノマトペを分析してみた結果と、

分野横断方研究のススメ、という二部構成になってます。

その前半部分を担当いたします。

 

それでは皆様、明日現地orUstでお会いできると嬉しいです。

(写真は新山口から湯田温泉まで乗った二両編成のレトロ車両です)

 

 

 

関連記事

  1. 2013.02.04

    実験はじまる

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る