ケンブリッジ観光&オクスフォード案内

2013-02-10 23.08.58_1

 

実験が走り出して安心したところで、先週末の日曜はケンブリッジに行ってきました。オクスフォード-ケンブリッジ間はX5という長距離バスが出ており、こちらに乗ると3時間20分(いろいろと経由するため)で着きます。ケンブリッジではTwitterで知り合った@mrkm_aさんが案内して下さり、本当に助かりました。天気予報がしばらく雪表示だったので心配だったのですが、当日は小雨で済みました。それでも一日ずっと降り続けた上、風も強かったのでかなり寒かったです。

写真はケンブリッジ内のカレッジの一つです。雨が降っているのでフードをかぶっているだけで、こういう髪型になったわけではありません。ここは確か何かで有名だったはずなのですが(ニュートン・・?)、全部が全部何かしら有名だったり有名な人にゆかりのあるところだったので、覚えておりません・・

当日はワトソン・クリックがよく議論をしてDNA二重らせん構造を思いついた(初めて公にした?)パブであるThe Eagleでお昼ごはんを。こちらにきてフィッシュアンドチップスを食べました。軽い食べ物だと思っていたのですが、魚が一匹分丸々出てくるので、さながら揚げ魚定食です。あとこちらではマルドワインと呼ばれるワインを温めた飲み物が有名だそうです。ガラスの入れ物にソーサー付きで出されてたのを見て、ドイツのグリューヴァインのイメージとはだいぶ違うのなーと思っていました。(グリューヴァインはクリスマスマグに入って出てくるのであんまりおしゃれではありません)この時パブのシステムを理解したので、この後パブに気兼ねなく入れるようになりました。すばらしい進歩。

そこから町中・大学内をいろいろと回って、grantchesterにあるOrchard tea gardenへ。このティールームはケンブリッジからほどよく離れたところにあり、とても静かで綺麗なところで、バージニア・ウルフ、ラッセル、ケインズ、ヴィットゲンシュタインなど多くの有名人が訪れた場所だそうです。こちらでスコーンと紅茶のアフタヌーンティーを頂きました。夏は本当に綺麗なところなのだそうです。

その後市内のChop houseで夕食を。私はウサギ肉を頂きました。塊の肉食べるの久しぶりだ・・ということで堪能いたしました。それからバタバタと最終バスに乗り、帰ってきました。バスに乗ってる途中に雨は雪に変わり、翌朝積もっておりました。いろいろ写真も撮ったのですが、追々載せたいと思います。

今日は今日で今ロンドンにいらっしゃっている京大の院生さんがオクスフォードにいらっしゃるということで、プチ観光案内をしてきました。半分は私も行ったことないところだったので、案内と言えるかどうか微妙なところですが。これもまた追って書きたいと思います。

実験の方は予定が詰まる日と全く詰まっていない日の差が極端です。もう少しコンスタントに入ってくれれば気力ももつのですが、なかなかうまくいかないものです。詰まっていない時は他の人の実験に参加したりしています。また、だんだん帰国日を踏まえたスケジューリングをしなければならなくなってきています。残り時間もわずかのようです。

この記事をシェアする

関連記事

  1. 2014.09.04

    20140904

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る