論文を書く時のとっかかり

ブログをもうちょっと個人的な「ログ」らしくするために、思いついたことなどをきちんと残して起きたいと思います。午前中はアウトプットに向いているらしいので、なるべく午前中に書きたいところです。今回覚えておこうと思ったのは、こちらの「論文穴埋めシート」です。

http://www12.atpages.jp/storytools/anaume2.html

これはブログ「読書猿Classic」さんの以下のポストから穴埋めシート部分のURLを頂いてきた物です。

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-563.html

この年でも論文のドラフトを作るのが苦手で、他の論文の見よう見まねをしながら書いているのですが、こちらの記事及び以下の記事で論文の構成に関してわかりやすく書いて下さっていて、とても参考になりました。

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-697.html

(なお、こちらの記事は三浦先生のツイートで知りました。)

日本語だとまだマシなのですが、英語を書く場合は「英語」を書くことに一生懸命になりがちで、気づくと「なんか思ってたんと違う」ことが記述されていて、困ることが多かったです。このように、構造を考えつつ下書きを書くスキルを院生のうちに知ってたら、だいぶ楽に書けたのではないかと思います。こういう体系的なことって、日本では習えませんものね。

上記の穴埋めシートは、設問に答えて一番最後のボタンを押すとドラフトが勝手に出力されます。単にある順番にまとめているだけなのですが、これでもうできあがった気分になります。あとはこれに肉付けをしていく感じですね。本当に今更感が強いですが、遅すぎると言うこともなかろうと思いますので、これを使ってさくさく書いていこうと思います。

関連記事

  1. 2012.05.30

    ぼちぼち
  2. 2013.10.27

    ACIS2013&HCS11月
ページ上部へ戻る