ACIS2013&HCS11月

気を抜くと告知以外書かなくなってしまいます。

とりあえず告知がいくつかありますのでお知らせいたします。

【ACIS2013】

10/31~11/2にタイのプーケットで行われるACIS2013に参加します。

完全に情報系の学会なので無理くり入れ込んで頂いた感がすごいですが、

Comparison of onomatopoeia use among areas using Diet records of Japan

というタイトルで、オノマトペ頻度の地域比較について発表いたします。

中国以外のアジア進出になります。文字も全然読めないので、そもそも生き抜けるのか不明ですが、楽しんできたいと思います。

 

【ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)11月】

11/9に大阪大学で行われる同研究会で発表いたします。

実は8月の京都でも出ているので、連続参加になります。

今回は初めて産総研でやった実験での発表になります。

「バッと動かし、ギュッと押す! ~ 有声子音・無声子音と動作強度および大きさとの刺激反応適合性 ~」

というタイトルで、二つの実験結果についてお話する予定です。

タイトルだけは軽快ですが、発表がこれ相応に軽快になるかどうかはよくわかりません。

(一応こちらのラボの今までのタイトルリスペクトで付けているのですが、私自身もノリノリであったことは否めません)

 

そしてついでではありますが、来年度からの学振PDは叶わぬこととなりました。

お手数をおかけしてしまった皆様には、力が至りませんでしたことをここにお詫び申しあげます。

博士取得後5年というリミットが正式に課せられることになったため、もうトライすること自体があと数年で叶わなくなりますが、とにかく出すことだけはやめずに頑張ろうと思います。

あとは、やりたいことをちゃんと形にしていく、というサイクルの回転数をもう少し上げてゆきたいです。

この記事をシェアする

関連記事

  1. 2013.02.26

    See you, Oxford
  2. 2016.06.29

    戻ってきたよ

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る