20140715

イタリアの小島へバケーションに向かう同僚さんを横目に改稿作業。

土壇場で重大ななんやかんやがありましたが、何とか終わりました。

相変わらず際にならないとけりをつけない癖、似非完璧主義から来るのだと思うのですが、

害以外の何物でもないので直したいところです。

一段落ついてから研究に関する問い合わせをしたり、献本の発送をしたり。

実験の準備も進めつつ。

やっぱりCRTだと奥行き取ってしまうので、視距離がえらく近くなります。

でもSpenceのラボでも30センチとかそれくらいでやってたので、

視角さえ揃えばいっか、と考えています。

USBの延長ケーブルが必要になりそうなので、買うことにします。

少し先に実験の予約が入ったので、粛々と準備を進めます。

 

SJLLで本の紹介をするのに、神林長平さんから一冊選ぼうとブクログを漁って、

Dropboxの本棚を探してみたのですが、見つからなくて。

(読んだら自炊するので、pdfの形で保存している)

そこでぼんやり「貸したかもしれない」という可能性に思い当たりました。

貸したらびっくりするくらい自分でも忘れてしまうのに、ふとしたときに思い出して、

返してもらってない、と悲しくなるのは、結構自分勝手なのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事

  1. 2014.07.14

    20140714
  2. 2014.07.23

    20140723

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る