20141210

また時間が空いてしまいました。
昨日とある作業が手を離れたため、久しぶりに書いてみます。

最近はそのとある作業のために組版スキルが少し上がりました。自分で作る側になると(ならなければわからないのですけども)、フォントや段組、デザインにこだわる方の考え方が少しだけわかるようになるようにいます。

結局自分で実際に作ってみないと、作り手のことはずっと理解できないのだろう、と改めて感じています。
というわけで冬コミもどうぞお楽しみに(わかる人だけに)。

今日は書類を片づけたり新しい実験機器の発注をかけたりしていました。
ふと輝度計があると便利だな、と思い立ったのですが、コニカミノルタのあのタイプは80万前後するそうです。手に入れるには私の研究費一年分でも足りません。
英国滞在時のラボメンバーが持っていた、貼り付けて使うタイプはいくらくらいか調べてみようと思いましたが、正式名称がわからず諦めました。
今はそこまで厳密な実験をする予定はないのですが、いずれ手に入れたいと思います。
あと、頼まれごとの実験プログラムをPsychoPyで組んでいました。あいかわらずパーミッションエラーで自動更新も手動更新もできませんが、別段害はないのでそのまま使っています。
早く完成させて、データがとりたいです。

ちょっと真面目な記事でした。

関連記事

  1. 2016.04.08

    20160408
  2. 2014.08.18

    20140818
  3. 2014.08.25

    20140825

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る