20150223

あまり日があいていませんが(あける必要もありませんが)、
先日のポストでお知らせした論文にコメントを頂きましたので、
こちらでもご紹介したいと思います。

主にタイムラインでお世話になっている@yearman先生のブログに
取り上げて頂きました。ありがとうございます。

http://researchmap.jp/jo1hxqjpc-29376/#_29376

取り上げて頂いたら論文は、こちらです。
「国会会議録コーパスを用いたオノマトペ使用の地域比較」

http://www.jstage.jst.go.jp/article/tjsai/30/1/30_30_274/_article/-char/ja/

コメントを頂いたので、お答えできる範囲でこちらからもお返事を。

1. 強意型オノマトペの比較対象
こちらの項目では「関西は『強意型オノマトペ』というカテゴリーを多く使うのか」
という疑問を頂きました。強意型は半数は対応する非強意形を持つのですが、
持つものと持たないもので頻度差があるのではないか、ということでした。
確かに、強意型と呼んでいるのに半数は強意形を持たないなら、それは一体
何なのだろうということになります。今回のカテゴリ名はCVQCV-riなどの
音韻鋳型で分類し、そのカテゴリに含まれるオノマトペの意味的側面に着目した
名前をつけています。そのため一部そぐわない部分もあるのです。
ちなみにダントツで頻出する「しっかり」も分類上強意型オノマトペですが、
非強意形「しかり」はほとんど使われないので、無いも同然なのかもしれません。

2. 日常会話と議会発言
こちらの項目では、我々の論文で指摘した「強意型にのみ地域差(関西での高頻度)が
見られたのは、国会という公的な場でオノマトペ発話が抑制されたため」という点に関して
「自然談話ではよりオノマトペらしいオノマトペ(非強意型)が出てくる」という予想を
して下さっています。またこの可能性を検討可能であるDBをご紹介頂きました。ありがとうございます。
国会で発話されるオノマトペは、「しっかり」「きっちり」などのオノマトペらしくない
オノマトペ(より語彙化されたオノマトペ)が多く、よりオノマトペらしい「どかどか」
「ふわふわ」などはほぼ出ない傾向にありました。
今回地域差に食い込みつつも方言に触れなかったのは、国会といういわゆる標準語が
求められる場での話しことばを対象とした点もあるのですが、方言に精通した方が
共著にいらっしゃらなかった&手を出すのがやや難しそうなテーマだったから、というのが
あります。方言の専門家のサポートが頂けそうであれば、取り組んでみてもよいかもしれません。

また、これは妄想レベルですが、促音・長音を含む強意型オノマトペは促音・長音部分を
強調したりそこにアクセントを置くことで、より感情に訴えかける、パフォーマンス的な
緩急をつけた演説が可能になるかと思います。関西のバラエティ番組でも
「どーん」「ばーっ」などの長音・促音を含んだオノマトペが多数使用されるそうです。
これが関西方言の性質なのか、関西人の性質という文化人類学的な側面になるのかは
わかりませんが、関西の人たちはよりパフォーマンス性の高い会話を好むがゆえに、
それに都合の良いオノマトペは多用されるのかもしれません。
それは、国会というオノマトペ使用が抑制される場であっても、オノマトペ性の低い
オノマトペを効果的に使って演説を行いたいという関西出身の方々の発話に反映される
可能性を考えています。

3. 国会と地方議会
こちらの項目では、国会会議録とは別に、同じくWebで公開されている地方会議録について
ご紹介頂きました。地方議会は大体が地元出身の話者で構成されているため、出身地について
調べなくても良いところが大きなメリットだと思います。
(今回はある程度クロールして頂いたのですが、大多数を手動で調べています…大変だった…)
地方会議録にはすでに取り組んでいらっしゃるグループがいらっしゃるので、どんな報告が
出てくるのか楽しみにしたいと思います(オノマトペに注目された分析もなさっているようです)。

今回の論文は分野的にどこに属せばいいのかよくわからないテーマでしたので
(言い出しっぺは私ですが、情報学的にもあんまり貢献できないし、言語学的にはぬるいし)
作業過程でいろいろ悩んだことを思い出しています。
このような「どこか一分野のスタンダードに載らない」テーマをおそらく
今後も続けていくことになると思いますので、早く自分の軸を持ちたいなぁと考えています。

というわけで、3/10はこちらのイベントに参加する予定です。
「学際研究の原理研究会」@京都大学
http://www.cpier.kyoto-u.ac.jp/2015/02/%E5%AD%A6%E9%9A%9B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86%E3%80%80%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A%E9%96%8B%E5%82%AC/

あとは社会言語科学会あたりに行ってみたいと思っています。

この記事をシェアする

関連記事

  1. 2013.01.29

    待ちぼうけ
  2. 2013.10.27

    ACIS2013&HCS11月

コメントをお待ちしております

ページ上部へ戻る